Research press release

多種のインフルエンザウイルス株を中和する抗体

Nature Structural & Molecular Biology

Antibodies that neutralize multiple flu strains (N&V)

さまざまな種類のインフルエンザウイルスに対し、致死量のウイルス株から動物を守るヒト抗体が遺伝子操作でt作り出された。Nature Structural & Molecular Biology(電子版)によると、この抗体は、H5N1亜型(鳥インフルエンザ)やH1N1亜型(1918年のスペイン風邪)など、広範なインフルエンザウイルス株に作用する。

病気にかかったりワクチンを接種したりすると普通は、将来のインフルエンザ感染から身を守るために体内で抗体が生産される。しかし、通常この抗体は、感染したのと同じウイルス株しか中和できない。

W Marascoらは、インフルエンザウイルスの赤血球凝集素というタンパク質を広く中和する抗体を選び出した。赤血球凝集素はウイルスを宿主細胞に固定して融合を促進し、ウイルスが細胞に効率的に侵入できるようにする。抗体は、疫系には認識されにくく、ウイルス株間で大きな変異のない赤血球凝集素の領を認識し、ウイルスの融合を妨げる。抗体はこのやり方で、既存の16種のインフエンザウイルス赤血球凝集素のうち8種に結合できることが調べられた。

同誌のNews & Views欄でP Paleseは、この研究で「普遍的な免疫治療、つまり万能ワクチンに手が届くかもしれない」と述べている。

Researchers have engineered human antibodies that protect animals against lethal doses of multiple strains of influenza virus. These antibodies, described online this week in Nature Structural & Molecular Biology, work with a broad array of influenza viral strains, including H5N1 avian flu and the H1N1 1918 Spanish flu.

After illness or vaccination, the body normally produces antibodies to protect itself from a future flu attack, but these antibodies usually neutralize only the same virus strain that infected it.

Wayne Marasco and colleagues selected broadly neutralizing antibodies against an influenza protein called hemagglutinin. Hemagglutinin anchors the virus to the host cells and promotes viral fusion, effectively allowing the virus to invade the cell. The antibodies prevented viral fusion by recognizing a region of hemagglutinin that is not very visible to the immune system and that does not show large variability among strains. In this way the antibodies were able to bind to 8 of the 16 existing types of influenza hemagglutinin tested.

In an accompanying News & Views article, Peter Palese says the work indicates that "a universal immune-based treatment or vaccine may not be out of reach".

[

doi: 10.1038/nsmb.1566

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度