Research press release

BRCA1の切り替え

Nature Structural & Molecular Biology

Switching BRCA1

CtBPは、腫瘍抑制因子BRCA1の発現をエストロゲンや特定代謝物の比率に応答して調節する代謝センサーである。CtBPの果たす中心的 な役割がNature Structural & Molecular Biologyで明らかにされている。CtBPによるBRCA1の調節は、高エネルギー摂取と肥満の関連、閉経後の女性に増加する乳がんの危険性の説明 になるかもしれない。

BRCA1はその変異が乳がんに結びつく一方で、変異とは無関係な発現変化が散発性で非遺伝性の乳がんの一因となることがある。K Gardnerらは遺伝子発現の抑制にかかわるCtBPが、BRCA1プロモーターに集まって大きな複合体の一部となることを示している。 CtBPはそこで、代謝状態に応じてBRCA1の発現をオフにする作用に寄与する。この発見は、ある種の腫瘍でみられる高レベルのCtBP が、腫瘍の悪性度と進行の一因である可能性も示唆している。

A central role for the metabolic sensor CtBP in controlling the expression of the tumour suppressor BRCA1, in response to oestrogen and the ratio of particular metabolites, is revealed in Nature Structural & Molecular Biology. CtBP1’s control of BRCA1 may help to explain the association between high caloric intake and obesity and increased risk of breast cancer in post-menopausal women.

While BRCA1 mutations are associated with breast cancer, alterations in BRCA1 expression independent of mutations can contribute to sporadic, noninherited forms of the disease. Kevin Gardner and colleagues show that CtBP, involved in repressing gene expression, assembles at the BRCA1 promoter as part of a large complex, where it contributes to turning off BRCA1 expression in response to metabolic status. These findings also indicate that the high levels of CtBP found in some tumours may contribute to malignancies and tumour progression.

doi: 10.1038/nsmb.1941

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度