Review Abstract

肝細胞がん

Hepatocellular carcinoma

2016年4月14日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16018 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.18

肝細胞がん
拡大する

肝臓がんは世界のがん関連死亡原因の第2位であり、毎年約85万人が新たに発症する。原発性肝臓がんの約90%は肝細胞がん(HCC)が占めている。HCCの主な発症リスク因子には、B型およびC型肝炎ウイルス感染、アルコール摂取、真菌代謝物であるアフラトキシンB 1暴露などがあり、いずれもよく知られている。非アルコール性脂肪性肝炎などの新しいリスク因子も浮上している。HCCの分子病態生理への理解が深まったことで重要なドライバー遺伝子変異の同定が進んだが、最も多く見られる変異の分子標的薬の開発には至っていない。HCCの分子分類はまだ確立されておらず、現在の臨床アルゴリズムではBarcelona Clinic Liver Cancer病期分類が中心に位置づけられており、予後予測に基づく患者の層別化とそれに応じた治療法が推奨されている。サーベイランスプログラムによって早期がんの発見が可能になった。早期がんは、肝切除、肝移植または局所焼灼療法のような根治的治療に適している。病期が進展したがんの場合、生存率における有益性が確認されているのは化学塞栓療法(中間期HCC向け)とソラフェニブ治療(進行HCC向け)だけである。HCCの管理法における主なアンメットニーズへの取り組みとして、術後療法ならびに中間期と進行期のがんに対する新しい治療法の発見とそれらの併用が進められるだろう。さらに、治療層別化のバイオマーカー、ドライバー遺伝子変異の標的化またはシグナルカスケードの活性化あるいはその両方による個別化治療、ならびにQOLの有効な測定法も必要となろう。最近行われた中間期と進行期のがんに対する全身化学療法の評価では、試験デザインの改良と新しい治療法の定義の必要性が指摘されている。

PrimeView
肝細胞がん(HCC)の主な発症リスク因子には、肝硬変、アルコールの過剰摂取、ウイルス性肝炎などがある。このPrimeViewでは唯一の全身治療および現在のフロントライン治療である肝移植によるHCCの管理について取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Liver cancer is the second leading cause of cancer-related deaths globally and has an incidence of approximately 850,000 new cases per year. Hepatocellular carcinoma (HCC) represents approximately 90% of all cases of primary liver cancer. The main risk factors for developing HCC are well known and include hepatitis B and C virus infection, alcohol intake and ingestion of the fungal metabolite aflatoxin B1. Additional risk factors such as non-alcoholic steatohepatitis are also emerging. Advances in the understanding of the molecular pathogenesis of HCC have led to identification of critical driver mutations; however, the most prevalent of these are not yet druggable targets. The molecular classification of HCC is not established, and the Barcelona Clinic Liver Cancer staging classification is the main clinical algorithm for the stratification of patients according to prognosis and treatment allocation. Surveillance programmes enable the detection of early-stage tumours that are amenable to curative therapies — resection, liver transplantation or local ablation. At more developed stages, only chemoembolization (for intermediate HCC) and sorafenib (for advanced HCC) have shown survival benefits. There are major unmet needs in HCC management that might be addressed through the discovery of new therapies and their combinations for use in the adjuvant setting and for intermediate- and advanced-stage disease. Moreover, biomarkers for therapy stratification, patient-tailored strategies targeting driver mutations and/or activating signalling cascades, and validated measurements of quality of life are needed. Recent failures in the testing of systemic drugs for intermediate and advanced stages have indicated a need to refine trial designs and to define novel approaches.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度