Review Abstract

統合失調症

Schizophrenia

2015年11月12日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 15067 (2015) doi: 10.1038/nrdp.2015.67

統合失調症
拡大する

統合失調症は、脳発達初期に影響を及ぼす多様な遺伝的背景と神経生物学的背景を有する慢性精神疾患で、幻覚、妄想、解体などの精神病症状と意欲障害や認知障害が組み合わさって発現する。この疾患の平均生涯有病率はわずか1%にも満たないが、都市化の程度(urbanicity)の違いと移民の分布の違いのために、有病率に明らかな地域差が認められる。統合失調症では、脳全体に特徴的病変は認められないが、特異的細胞集団と細胞間コミュニケーションにおいて、わずかな病理学的変化が見られる。統合失調症は、究極的には、脳の情報処理における認知障害ならびに行動障害といえる。実際、神経イメージング研究から、初回エピソードおよび慢性の統合失調症患者の情報処理機能に異常があることが示されている。薬物治療によって統合失調症の精神病症状が軽減されることはあるが、一般的に、そのような薬物が、社会的、認知的および職業的機能を十分に改善することはない。認知行動療法、認知機能改善療法および学習・就業支援などの心理社会的介入は治療効果を高めるが、適用に一貫性が見られない。何年も前から統合失調症の診断が一般的に行われていることを考えると、この疾患のリスクを有する者と初期段階にある者の同定、ならびに予防方法の探索は極めて重要である。

PrimeView
統合失調症は精神疾患の1つで、多くの場合、思春期に発症し、成人期に入ってから精神病症状が現れる。このPrimeViewでは、統合失調症の管理法、その発症機構と患者の健康への影響、およびこの疾患の特徴となる陽性症状、陰性症状および認知症状について要約する。
本Primerの図解サマリー

Schizophrenia is a chronic psychiatric disorder with a heterogeneous genetic and neurobiological background that influences early brain development, and is expressed as a combination of psychotic symptoms — such as hallucinations, delusions and disorganization — and motivational and cognitive dysfunctions. The mean lifetime prevalence of the disorder is just below 1%, but large regional differences in prevalence rates are evident owing to disparities in urbanicity and patterns of immigration. Although gross brain pathology is not a characteristic of schizophrenia, the disorder involves subtle pathological changes in specific neural cell populations and in cell–cell communication. Schizophrenia, as a cognitive and behavioural disorder, is ultimately about how the brain processes information. Indeed, neuroimaging studies have shown that information processing is functionally abnormal in patients with first-episode and chronic schizophrenia. Although pharmacological treatments for schizophrenia can relieve psychotic symptoms, such drugs generally do not lead to substantial improvements in social, cognitive and occupational functioning. Psychosocial interventions such as cognitive–behavioural therapy, cognitive remediation and supported education and employment have added treatment value, but are inconsistently applied. Given that schizophrenia starts many years before a diagnosis is typically made, the identification of individuals at risk and those in the early phases of the disorder, and the exploration of preventive approaches are crucial.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度