Review Abstract

尋常性白斑

Vitiligo

2015年6月4日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 15011 (2015) doi: 10.1038/nrdp.2015.11

尋常性白斑
拡大する

尋常性白斑は、世界人口の0.5%から2%が罹患する後天性脱色素疾患であり、病変の局在の違いによって非分節型、分節型、混合型の3つに分類される。白斑には、免疫応答とメラニン形成に関与する遺伝子多型が関連しているが、この顕性疾患の発症には環境因子も必要となる。通常、診断は臨床所見をもとに行われ、検査室検査や生検は必要とされない。病態生理に関する現在の概念は、代謝変化が主流である。この代謝変化によって、表皮での活性酸素種の産生および軽度の外因性刺激に対する感受性が増加する。このことから皮膚細胞の老化表現型が発現され、先天性免疫分子の分泌が誘発される。この分子は自己免疫反応を惹起し、最終的にメラノサイトの機能障害および細胞死の原因となる。臨床管理の目的は脱色素の抑制であり、疾患の範囲に応じて皮膚の再着色または脱色素のいずれかを行う。新しい治療方法としては、αメラノサイト刺激ホルモン類似体または表皮幹細胞工学を用いてメラノサイトの分化と増殖を刺激する方法がある。いくつかの問題点、例えばメラノサイトの消失と幹細胞の枯渇の関連、基本的な変性機序、細胞死の生物学的メディエーターなどが未解決のまま残されている。総じて、変性と自己免疫の過程に関する研究および再生医学の新しいアプローチの試みを行う上で、白斑は優れたモデルといえる。

本Primerの図解サマリー

Vitiligo is an acquired depigmenting disorder that affects 0.5% to 2% of the world population. Three different forms are classified according to the distribution of lesions; namely non-segmental, segmental and mixed vitiligo. Vitiligo is associated with polymorphisms in genes involved in the immune response and in melanogenesis. However, environmental factors are required for the development of manifest disease. In general, the diagnosis is clinical and no laboratory tests or biopsies are required. Metabolic alterations are central to current concepts in pathophysiology. They induce an increased generation of reactive oxygen species and susceptibility to mild exogenous stimuli in the epidermis. This produces a senescent phenotype of skin cells, leads to the release of innate immune molecules, which trigger autoimmunity, and ultimately causes dysfunction and death of melanocytes. Clinical management aims to halt depigmentation, and to either repigment or depigment the skin, depending on the extent of disease. New therapeutic approaches include stimulation of melanocyte differentiation and proliferation through α-melanocyte-stimulating hormone analogues and through epidermal stem cell engineering. Several questions remain unsolved, including the connection between melanocyte depletion and stem cell exhaustion, the underlying degenerative mechanisms and the biological mediators of cell death. Overall, vitiligo is an excellent model for studying degenerative and autoimmune processes and for testing novel approaches in regenerative medicine. For an illustrated summary of this Primer, visit: http://nature.asia/1JNw0ys

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度