Research press release

血小板が新生児の血管閉鎖を促進する

Nature Medicine

Platelets promote closure of vessels in newborns

血小板は血管の閉鎖に不可欠で、誕生後も血管が開いたまま残ると病気につながるおそれがあるとの報告が寄せられている。新生児にみられるある重要な疾患の解明に、この知見が役立つだろう。

動脈管は胚発生の際に必要な胎児血管で、誕生後すぐに閉鎖する。これが閉じないと、肺高血圧症や心不全につながる。動脈管がどのような仕組みで閉鎖するのかはわかっていなかったが、今回S Massbergたちが、マウスの動脈管閉鎖に血小板(血液凝固にかかわる細胞)が重要な役割を果たすことを明らかにした。

Massbergのグループは、動脈管閉鎖の際にそこに血小板が引き寄せられ、血管の収縮につれて血餅形成を促進することを発見した。血小板の機能に異常があるマウスでは動脈管が閉鎖せず、ヒトの場合とよく似た症状、すなわち肺の血流の増加と右心室の肥大が生じた。また、未熟児での臨床研究で、血液中に血小板が十分にないことと動脈管閉鎖不全が関連することも明らかにされた。

Platelets are crucial for the closure of a blood vessel that, if left open after birth, can lead to disease, according to a report online this week in Nature Medicine. The finding helps to advance our understanding of an important disorder which is seen in newborns.

The ductus arteriosus is a fetal blood vessel that is essential during embryonic development and closes promptly after birth. If it doesn’t close, patients develop pulmonary hypertension and heart failure. How the ductus arteriosus manages to close has remained unclear, but Steffen Massberg and his colleagues show that platelets ― the cells responsible for blood clotting ― play an essential role in its closure in mice.

The team found that platelets are recruited to the ductus arteriosus during closure, promoting the formation of a clot as this blood vessel contracts. In mice with defective platelet function, the ductus arteriosus failed to close, resulting in a condition similar to that found in the human disease: increased blood flow in the lung and excessive growth of the right ventricle of the heart. They also showed, in a clinical study in premature babies, that not having enough platelets in the blood was associated with a failure of the ductus arteriosus to close.

doi: 10.1038/nm.2060

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度