Research press release

ウォーミングアップの効果

Nature Medicine

A great warm-up act

血管の成長と組織リモデリング(組織修復)を促進することによって、筋ジストロフィー患者の転帰が改善されるとの報告が寄せられている。この知見を役立てれば、現在は治療法のない筋ジストロフィー患者にも、細胞を用いた新しい治療法が応用できるかもしれない。

デュシェンヌ型筋ジストロフィーの段階が進むと、血管の数が減って、固くなり、治療の妨げになることが多い。G Cossuたちは、腱の繊維芽細胞を操作して、血管の成長を促すPIGFという分子と組織リモデリングに重要なMMP-9という分子を発現するようにした。この改変細胞を、筋ジストロフィーを患う高齢マウスに注射することにより、血管網が回復し、コラーゲンの沈着が減少した。

次に、回復を促すために筋肉に取り込ませる必要のあるmesangioblastを用いて治療すると、改変細胞を「予備注射」したマウスの方が筋肉がmesangioblastを受容しやすくなっているために、治療の効果が上がった。

Promoting blood vessel growth and tissue remodelling may improve outcome in patients with muscular dystrophy, according to a study published online in Nature Medicine. This idea could help extend new cell based therapies to individuals with the disease who are currently untreatable.

Reduced number and increased stiffness of blood vessels characterize advanced stages of Duchenne muscular dystrophy, often preventing treatment. Giulio Cossu and colleagues modified tendon fibroblasts to express PlGF, a molecule that promotes blood vessel growth, and MMP-9, a molecule important for tissue remodelling. Injecting these modified cells in the muscle of old, dystrophic mice, they restored the vascular network and reduced collagen deposition.

Subsequent therapy with mesangioblasts, cells that need to integrate into the muscle to promote its recovery, worked better in mice that received the ‘preparatory’ injection, as the treated muscles were more receptive to the mesangioblasts.

doi: 10.1038/nm.1852

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度