Research press release

OCDのマウスモデル

Nature Medicine

A mouse model of OCD

強迫性障害(OCD)の原因に関係する可能性のある分子が同定された。

OCDはよくみられる精神障害の1つで、強迫観念と反復性の強迫行為の存在を特徴とし、不安やうつ症状が伴うことが多い。OCDには、脳の線状体とよばれる領域や線状体と大脳皮質との接続がかかわっているとされる。しかし、この病気の分子基盤はまだ解明されていない。

S Rafiたちは、ニューロンに特異的なSlitrk5という分子をもたないマウスが、OCDに似た挙動(過剰な身繕い行動と不安の亢進)をみせることを明らかにした。このような挙動は、OCDの治療に広く用いられているフルオキセチンによって軽減される。また、Slitrk5をもたないマウスでは、大脳皮質の部分的な過剰活性化と線状体の異常が認められた。OCDにかかわる新しい分子が同定されただけでなく、今回の研究に利用されたこのマウスは、OCDの動物モデルとして利用でき、新しい治療法の研究にも役立つ可能性がある。

A report in this week's Nature Medicine reports the identification of a molecule that might be implicated in the pathology of obsessive-compulsive disorder (OCD).

OCD is a common psychiatric disorder defined by the presence of obsessive thoughts and repetitive compulsive actions, often in concert with anxiety and depressive symptoms. A brain region known as the striatum and its connections with the cerebral cortex have been implicated in OCD. However, the molecular bases of the disease remain unknown.

Shahin Rafii and his colleagues show that mice lacking a neuron-specific molecule termed Slitrk5 exhibit OCD-like behaviors ― excessive self-grooming and increased anxiety. These behavioural traits can be alleviated by fluoxetine, a drug commonly prescribed to treat OCD. Moreover, mice lacking Slitrk5 show overactivation of parts of the cerebral cortex and abnormalities in the striatum. In addition to identifying a new molecule involved in OCD, the mice characterized in this study may be useful as an animal model of this psychiatric condition and in investigations for new therapies.

doi: 10.1038/nm.2125

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度