Research press release

エボラ:非ヒト霊長類で長期間続く免疫を生じさせるエボラ出血熱ワクチン

Nature Medicine

Ebola: Durable immunity generated in non-human primates

現在西アフリカでは、致死率の非常に高いザイール型エボラウイルス(EBOV)感染が広がっている。今回、チンパンジーアデノウイルスベクターChAd3を使ったワクチンによって、このウイルスに対する長期間持続する免疫がマカクザルで生じたことが報告され、このワクチンについてヒトでの第I相臨床試験が行われることになった。ChAd3ワクチンは単回接種でも短期的には完全な予防効果があり、長期的効果もある程度は認められたが、まずエボラウイルスの糖タンパク質をコードするChAd3を接種し、次いで8週間後に同じ遺伝子を持つ別のベクターMVA(改変ワクシニアウイルスアンカラ)を接種するプライム・ブースト法が最も効果的であることが明らかになった。これは、エボラウイルスに対して接種後10か月間にわたって防御効果を示すことが分かった初めてのワクチン接種方法である。

N Sullivanたちが、エボラウイルスワクチンを開発するこれまでの試みで数回使われてきたヒトアデノウイルスではなく、チンパンジーアデノウイルスを選んだのは、多くの人がヒトアデノウイルスにすでに曝露されており、そのために免疫系がプライミングされていてウイルスが中和される可能性があるからである。今回のワクチンの前臨床試験は少数のマカクザルを使って行われた。長期的な防御効果は、宿主防御に関係するエフェクターT細胞および記憶T細胞の存在数と相関していた。

マカクザルが曝露されたのはEBOVだけだが、このワクチンにはEBOVの糖タンパク質だけでなく、広く見られるスーダン型エボラウイルス(SUDV)の糖タンパク質の遺伝子も含まれており、両方の型のウイルスに対して防御効果を示す可能性がある。速やかに効果が現れ、しかも免疫が持続するワクチンは、新たに出現するエボラウイルスの拡大を封じ込めるのに役立つだろうと著者たちは考えている。

Long-term immunity to the highly lethal Zaire ebolavirus (EBOV), which is currently spreading through West Africa, has been induced in macaques using a vaccine based on the chimpanzee-derived adenovirus vector, ChAd3, for which Phase 1 human trials have just been announced. The research, published in Nature Medicine this week, found that a prime-boost vaccine regimen, in which animals are first inoculated with ChAd3 coding for an ebolavirus glycoprotein (GP), and eight weeks later inoculated with a different vector MVA (modified vaccine Ankara) carrying the same gene, is the most effective, although a single shot with the ChAd3 vaccine also provided complete short-term and partial long-term protection. This was the first vaccination regime to be found to provide protection to the virus a full ten months after administration; previous tests challenged animals at only four to five weeks after vaccination.

Nancy Sullivan and colleagues selected chimpanzee adenoviruses rather than human adenoviruses-which have been used in some previous efforts to develop an effective ebolavirus vaccine-because many humans have already been exposed to human adenoviruses and therefore their immune systems are primed to neutralize them. They undertook preclinical trials of these vaccines in a small number of macaques. Long-term protection correlated with the abundance of effector and memory T immune cells, associated with host defense.

Although the macaques were challenged only with EBOV, because the vaccines contained genes coding for the glycoproteins from both EBOV and another commonly occurring ebolavirus species, Sudan ebolavirus (SUDV), it is possible that the vaccine will protect against both strains.

The authors conclude that the rapid-onset vaccine protection with durable immunity could potentially help contain the spread of emerging ebolaviruses.

doi: 10.1038/nm.3702

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度