Research press release

2型糖尿病に新しいタイプの薬の可能性

Nature Medicine

A potential new drug class for diabetes type 2 treatment

ニクロサミドは現在寄生虫感染の治療に使われている薬だが、その誘導体が糖尿病の合併症を緩和することが、2型糖尿病のマウスモデルで明らかになった。

ニクロサミドは、寄生虫のミトコンドリアのATP(細胞のエネルギー源)合成能を低下させることによって、寄生虫の成長を阻害する。Victor Jinたちは、このATP合成阻害活性を2型糖尿病の治療に活用しようと、ニクロサミドの塩、ニクロサミドエタノールアミン(NEN)を遺伝性のマウスモデルと食餌性マウスモデルに投与した。するとNENが肝臓に選択的に蓄積し、肝臓でのミトコンドリアのATP合成能を低下させることが分かった。細胞のATPレベルが低下すると、シグナル分子が活性化され、肝細胞に貯蔵脂肪の燃焼量を増やすよう、情報を伝達する。

2型糖尿病の特徴の1つは、細胞がインスリンに反応しなくなるインスリン抵抗性で、その結果、血糖値が上昇する。Jinたちによれば、肝細胞の脂肪が減少すれば、肝細胞がインスリンに反応できるようになり、血糖値が低下するという。NENを投与したマウスの肝臓では、細胞内の脂肪の燃焼が亢進することにより、2型糖尿病によく見られるもう1つの合併症である脂肪肝の発生も減少した。

A derivative of the drug niclosamide, currently used to treat parasitic worm infections, is now found to relieve diabetic complications in mouse models of type 2 diabetes, reports a paper published this week in Nature Medicine.

Niclosamide works by reducing the ability of parasitic worm’s mitochondria to synthesize ATP (cellular energy), thus inhibiting worm growth. Victor Jin and colleagues exploited this activity of the drug, using niclosamide ethanolamine (NEN), a salt form of niclosamide, to treat both a genetic and a dietary model of type 2 diabetes in mice. They found that NEN predominately accumulates in the liver and reduces the ability of the mitochondria in this organ to efficiently synthesis ATP. The lower cellular levels of ATP results in the activation of a signalling molecule, which signals the liver cells to increase the burning of stored fat.

A hallmark of type 2 diabetes is insulin resistance, in which cells fail to respond to insulin resulting in increased levels of blood glucose. Jin and colleagues report that the reduction of fat in the liver cells enabled them to respond to insulin and reduce levels of blood glucose. The increased intracellular fat burning in the liver of the treated mice also reduced the incidence of fatty liver, another common complication of type 2 diabetes.

doi: 10.1038/nm.3699

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度