Research press release

パワーアップしたT細胞

Nature Medicine

Souped-up T cells

キラーT細胞の遺伝子操作により、培養細胞中でのHIVの広がりを抑える力の強いT細胞が作られたとの報告が寄せられている。それによれば抑制力を増強したこの細胞は、変異してこの細胞による応答から逃れようとする細胞も認識できるという。

T細胞に対してHIVの存在を警告するのはT細胞受容体(TCR)で、ウイルス感染細胞の表面に警告標識として提示されるウイルスタンパク質断片を認識する。HIVを認識する特異的T細胞を単離するために、現在はHIV患者からの細胞のクローン化という方法が主だが、時間と労力のかかる作業であり、しかもこのような細胞がもつTCRはウイルス感染細胞を認識する力が弱いことが多い。また、ウイルスが変異して検出されなくなることもある。

J Rileyたちは「ファージ提示」技術を用いて、HIV断片を特にうまく検出するT細胞のTCRをHIV患者から単離した。次に、このTCRを操作してウイルス検出能力をはるかに高めて、これをT細胞へと組み込み、培養細胞中でのHIVの広がりをより効果的に抑制するキラー細胞を作った。このT細胞が動物や患者でもウイルス感染を抑制し、実用可能な治療法へと結びつくかどうかは、まだわからない。

Researchers have engineered killer T cells that are better able to limit the spread of HIV in cell culture. The study published this week in Nature Medicine finds that the enhanced cells can also recognise virus that has mutated to try and escape this response.

T cells are alerted to the presence of HIV by the T-cell receptor (TCR), which recognises fragments of virus proteins displayed as warning flags on the surface of infected cells. Current methods to isolate specific T cells that recognise HIV rely on cloning cells from HIV patients ? a slow and painstaking process ? and often these cells have TCRs that only weakly detect virus-infected cells. The virus can also mutate to avoid being detected.

James Riley and colleagues used ‘phage display’ technology to isolate a TCR from T cells from an HIV infected patient, which identified a fragment of the virus particularly well. The team then engineered the TCR to be much better at finding the virus. Putting this TCR into T cells created killer cells that were better at restricting the spread of HIV in cell culture. It remains to be seen whether these T cells can control virus infection in animals or patients and therefore become a practical form of therapy.

doi: 10.1038/nm.1779

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度