Research press release

ヘッジホッグ経路シグナル伝達のエピジェネティックな阻害により腫瘍の薬剤抵抗性を抑える

Nature Medicine

Epigenetic inhibition of hedgehog pathway signalling in tumours

マウスの脳腫瘍や皮膚がんの一部で見られる薬剤抵抗性の1つを、ヘッジホッグシグナル伝達経路をエピジェネティックに阻害する物質を使って克服する方法が報告された。腫瘍の増殖と進展を促進するヘッジホッグシグナル伝達経路を標的とする薬剤は、薬剤抵抗性の出現によってその効果が減弱するのだが、今回の方法によって治療への新たな道が開かれる可能性が出てきた。

ヘッジホッグシグナル伝達経路はGliタンパク質の活性化を引き起こし、これが腫瘍の増殖を促進するシグナル伝達カスケードを誘発する。Y Choたちは、ヘッジホッグシグナル伝達を遮断するために、クロマチン調節タンパク質であるBETタンパク質ファミリー(遺伝子発現を調節する分子複合体)を標的にした。

BETタンパク質を低分子化合物JQ1で阻害すると、Gliタンパク質の発現が低下することが分かった。JQ1は、マウスでヘッジホッグシグナル伝達経路の阻害剤に感受性を示す腫瘍と抵抗性を示す腫瘍の増殖を障害した。この結果から、BETタンパク質のように経路の下流で遺伝子発現をエピジェネティックに調節する因子を標的にすることは、このような腫瘍に対する効果的な補助的治療となると考えられる。

A method to overcome one type of drug resistance in some instances of brain or skin cancer in mice, by using an epigenetic inhibitor of the hedgehog signalling pathway, is reported online in Nature Medicine. This offers a new avenue for therapy where present drugs targeting the hedgehog signalling pathway, which drives tumour growth and development, have been hindered by emerging drug resistance.

The hedgehog signalling pathway leads to activation of the Gli proteins which in turn contribute to the signalling cascade that promotes tumour growth and development. To block hedgehog signalling, Yoon-Jae Cho and colleagues targeted the BET protein family of chromatin regulators-molecular complexes that regulate gene expression.

They found that inhibiting BET proteins with a small molecule, JQ1, could decrease expression of Gli proteins. JQ1 impaired the growth of tumours in mice that were sensitive or resistant to hedgehog pathway inhibitor drugs, suggesting that targeting epigenetic regulators of gene expression, such as the BET proteins, downstream in the pathway could be an effective adjunctive treatment for these tumours.

doi: 10.1038/nm.3613

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度