Research press release

移植用臓器不足に対する解決策

Nature Medicine

Solutions to the organ shortage crisis

ラット肝臓を臓器移植に使うために生存能力を保持したまま保存できる期間が、大幅に延びて最長4日間になった。この結果は、ヒトでの移植用臓器の不足という現在の危機的状況に対する直接的な対策となる可能性がある。

現在、一般的なヒト臓器の場合の保存の限界は約6~12時間と短い。そのため、臓器の保存可能期間が長くなれば、臨床での肝移植実施に大きく影響すると考えられる。保存期間が延びれば、最適なレシピエントを探すのに時間的ゆとりができると同時に、これまでよりも広い地域から移植用臓器を集めることも可能になるだろう。

K Uygunたちは、氷点下非凍結保存法に基づく方法、つまり組織を過冷却保存する方法と体外灌流装置を併用して3日間保存した肝臓を移植したラットでは、1か月後の生存率が100パーセントになることを示した。この方法を用いて肝臓を4日間保存した場合でも、約60パーセントのラットが1か月以上生存した。これに対して、従来の方法を用いて3日間保存したラットの肝臓は、全てが生存能力を失っていた。

The preservation and storage time of viable rat livers for transplantation in other rats has been significantly extended to up to four days. These findings, published this week in Nature Medicine, could directly address the current donor organ shortage crisis in humans.

Extending the length of time human organs can be preserved could have a significant impact on the practice of clinical liver transplantation, as the current limits of conventional organ storage are about six to 12 hours for human organs. It would allow time to optimally prepare organ recipients for transplant, as well as allow the use of donor organs collected from a wider geographical range.

Using an approach based on sub-zero non-freezing, or ‘supercooled’, tissue preservation as well as extracorporeal machine perfusion, Korkut Uygun and colleagues were able to demonstrate 100 per cent survival rates a month after rats were transplanted with livers preserved for three days. Almost 60 per cent of the rats survive beyond a month when the livers were preserved using this method for four days. By contrast, none of the rat livers remain viable when preserved for three days using traditional methods.

doi: 10.1038/nm.3588

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度