Research press release

ストレスが心臓を傷つける仕組み

Nature Medicine

How stress hurts the heart

慢性的なストレスは白血球数を増やし、動脈アテローム斑での炎症を悪化させて免疫系に強い影響を与えることが明らかになった。この知見は、ストレスが心臓発作のリスクを上昇させる仕組みを説明するのに役立ちそうだ。

M Nahrendorfたちは、病院の集中治療室で働く研修医29人を対象にして、慢性ストレスに曝されると1週間後の白血球数にどのような影響があるかを調べ、ストレスによって白血球が増加することを報告している。

彼らはさらに、健康なマウスでは、隔離したり、ケージを傾けたりするといった社会的要因や環境要因によって生じる慢性ストレスが骨髄の神経繊維を活性化し、幹細胞の増殖と白血球産生増加を引き起こすことを見いだした。アテローム性動脈硬化を起こしやすいマウスでは、白血球の増加が動脈のアテローム斑の炎症を引き起こすらしい。ストレスを受けたマウスのアテローム斑は、ヒトに見られる、破裂して心臓発作の原因になりやすい「脆弱な病変部」によく似ていた。

Chronic stress impacts the immune system by increasing white blood cell counts and worsening inflammation in atherosclerotic plaque in arteries, reports a study published this week in Nature Medicine. These findings help explain how stress increases the risk of heart attack in people.

Matthias Nahrendorf and his colleagues looked at how exposure to chronic stress in 29 medical residents working in a hospital’s intensive care unit affected their white blood counts after one week. They report that there were increased white blood cell counts.

Next, the authors looked at how chronic stress in healthy mice, induced by social or environmental factors, such as isolating the mice or tilting their cages, activated nerve fibers in their bone marrow, leading to stem cell proliferation and increased white blood cell production.

The increase in white blood cells seems to induce atherosclerotic plaque inflammation in the arteries of atherosclerosis-prone mice. Atherosclerotic plaques in stressed mice resembled the ‘vulnerable lesions’ found in humans that are prone to rupture and cause heart attacks.

doi: 10.1038/nm.3589

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度