Research press release

HIV感染乳児の広範囲中和抗体

Nature Medicine

Broadly neutralizing antibodies in HIV-infected infants

HIVに感染した乳児は生後一年以内において、さまざまな(変異型)ウイルスに対して応答する広域中和抗体(bNAB)を産生することができる。今週のオンライン版に掲載されるこの研究成果は、bNABの誘導を目的とするワクチン開発努力に有益な情報を提供することになるだろう。

HIV感染者は世界中で3500万人を超えるが、感染予防のために使用が承認されたワクチンは現時点では皆無である。一部のHIV感染者で産生されるbNABの存在は、このような抗体が治療に使用されたり、ワクチンによって誘導されたりする可能性についての期待を高めている。ところが、こういった抗体においては(抗体成熟過程におけるカギとなるステップとして)体細胞高頻度突然変異が過度に起こるべくして起こっており、ワクチンによる抗体の誘導は難しいと判明することも考えられた。

Julie Overbaughたちは、HIV感染乳児由来の抗体産生免疫細胞(B細胞)に成人と同程度のbNAB産生能があることを示した。こういった抗体がどのようにして乳児で迅速に出現するかを知ることは、ワクチン接種によって抗体が誘導される仕組みの解明に役立つと考えられる。

HIV-infected infants can develop broadly neutralizing antibodies (bNABs) against the virus within the first year of life. These finding reported online this week in Nature Medicine could help inform vaccine efforts that aim to induce bNAbs.

HIV-1 infects more than 35 million people worldwide and there is still no approved vaccine to prevent infection. The bNAbs that develop in some HIV-infected individuals have raised hope that such antibodies might be used for treatment or could be induced by a vaccine. However, because these antibodies are associated with extensive somatic hypermutation-a key step in the maturation process of antibodies-their induction by a vaccine may prove to be difficult.

Julie Overbaugh and her colleagues show that antibody-producing immune cells, called B cells, from HIV-infected infants are capable of making bNAbs at a similar frequency to adults. Understanding the mechanisms by which these antibodies arise rapidly in infants may shed light on how to successfully induce them through vaccination.

doi: 10.1038/nm.3565

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度