Research press release

一般的な腫瘍の臨床試料を調べるための解析プラットフォーム

Nature Medicine

A sequencing platform to assess common clinical tumor samples

腫瘍の臨床試料から抽出した少量のDNAを使って全エキソーム解析(WES)を行い、「臨床グレード」のデータを得るための解析プラットフォームの報告が寄せられている。この方法のおかげで、患者に最善の医療を提供するのに重要な、WESを利用した方針決定の実現が一歩近付いた。

WESは近年、生物学の発見を大きく変化させ得る技術として登場したが、FFPE(ホルマリン固定パラフィン包埋)組織から取った遺伝物質を利用する確実な方法がないことが、臨床現場での幅広い利用の妨げとなっている。FFPEは、患者由来の腫瘍組織を貯蔵する一般的な方法の1つで、外科手術での組織試料や生検組織の固定によく使われるが、遺伝物質の部分分解も起こる。さらに、WESの効果を個々の患者の治療に活かす上で難しい課題となってきたのが、臨床的に重要な変化を見つけ出す臨床解釈のアルゴリズムやWESデータを予測的に患者に応用するのに必要な枠組みがないことである。

Eliezer Van Allenたちは、極めて少量のDNAを用いた新しい臨床WESプラットフォームを16人のがん患者に予測的に応用したところ、そのうち15人について、臨床にすぐに役立つ知見が得られた。またAllenたちは、さまざまな純度、古さの臨床試料を利用してこの方法の有効性評価も行い、FFPE腫瘍組織試料を使って、新鮮凍結試料(通常は遺伝物質が完全な状態に保たれている)に匹敵する結果を得た。このエキソーム解析結果に基づいて、転移肺腺がん患者1人を効果的に治療することができた。しかし、臨床WESを取り入れることで、通例の診療が変わるかどうかを明らかにするには、もっと大規模なコホート研究が必要だろう。

A sequencing platform that generates ‘clinical-grade’ data using whole exome sequencing (WES) from small amounts of DNA extracted from tumor clinical samples is reported online this week in Nature Medicine. The approach moves the use of WES a step closer in clinical decision-making important for providing best patient care.

WES has emerged as a transformative technology for biological discovery in recent years; however, its widespread use in the clinic has been hampered by the lack of availability of robust methods for using genetic material from one of the common ways patient-derived tumor tissues are stored, FFPE. This archival method is often used to fix surgical tissue samples and biopsies, but it also results in partial degradation of genetic material. In addition, the impact of WES in the clinical care of individual patients has been challenged by the absence of clinical interpretation algorithms to identify clinically relevant alterations and the necessary framework to enable WES data to be prospectively applied to patients.

Eliezer Van Allen and colleagues apply the new clinical WES platform using very small amounts of DNA prospectively to 16 cancer patients and discover clinically actionable findings in 15 of them. The authors also validate the approach using clinical samples representing a range of purities and ages, yielding results with FFPE tumor tissue samples that are comparable to fresh frozen samples, which normally have intact material. One patient with metastatic lung adenocarcinoma was successfully treated based on the results of the exome sequence; however, further studies in larger cohorts will be necessary to determine whether clinical WES will ultimately change routine clinical practice.

doi: 10.1038/nm.3559

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度