Research press release

これから認知機能が低下していく患者を見つける

Nature Medicine

Finding patients on the road to cognitive decline

10種類の代謝産物を用いた血液プロフィールを利用すれば、認知機能の正常な高齢者が2-3年以内に認知症を発症するかどうかを、90%の確率で予測できるとの報告が寄せられている。

アルツハイマー病(AD)治療の難しい課題は、発症前にタイミングよく予防治療を行えるよう、今のところ認知機能は正常だが実は認知症を発症する恐れが高い高齢者を、いかに見つけ出すかである。

Howard Federoffたちは、細胞膜の構成成分やその誘導体である10種類の代謝産物が、バイオマーカーとなるのを発見した。このバイオマーカー群には、認知症の発症よりも前に、脳内ニューロンの初期の退行性変化が現れるという。アルツハイマー病患者に対する治療は、早い段階で始めるほど効果が上がると考えられているので、今回の知見は、認知症の臨床試験の際に患者の選択に役立つ可能性がある。

A blood profile, using ten metabolites, that can determine with 90% certainty whether a cognitively healthy elderly person will develop dementia symptoms in the next two to three years, is reported in a study published this week in Nature Medicine.

The challenge Alzheimer’s disease (AD) treatment is identifying aging individuals that are currently cognitively normal-but who may be more prone to develop dementia-before dementia onset, so that preventive therapy can be administered in a timely fashion.

Howard Federoff and colleagues found a biomarker panel of ten metabolites that are components of the cell membrane or their derivatives. This panel of biomarkers could represent early degenerative changes in neurons within the brain prior to dementia onset. As treatments aimed at individuals with Alzheimer’s disease are thought to be more likely to work if given at early stages of the disease, the findings could help with patient selection for clinical trials in dementia.

doi: 10.1038/nm.3466

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度