Research press release

がん細胞を可視化

Nature Medicine

Visualizing the tumor cell

ヒトの乳がん組織切片で、金属アイソトープで標識した臨床的に重要な抗体100種類を、同時に可視化できる画像化法の報告が寄せられている。この方法によって、病気の発症機序に関する重要で正確な情報が得られ、臨床診断に役立つ可能性がある。

免疫組織化学検査と免疫蛍光法は、色素分子と蛍光シグナルを利用してタンパク質を可視化する方法で、組織切片を用いる臨床診断に不可欠な手法になっている。しかし、技術的な欠陥、実用上の欠点のために、用途が限定されてしまう。特に、組織や細胞で発現されている複数の抗原の定量分析には適していないが、生検試料の分子的性質、形態的性質を理解するためには、このような分析が必要になることが多い。

Garry Nolanたちは、新しい分析方法を開発してマルチプレックスイオンビーム画像化法(MIBI)と名付けた。この方法は、臨床施設で広く使われている標準的なホルマリン固定したパラフィン埋め込み型腫瘍組織切片を用いて、同時に多数の分子マーカーを高感度で解析できる。NolanたちはこのMIBIを用いて、臨床的に重要な金属結合抗体で染色した乳がん組織切片の画像化を行い、この技術が診断に役立つ可能性があることを実証した。

この方法のおかげで、腫瘍の発症機序や腫瘍の不均一性、経路の活性化状態について、単一細胞レベルで新たな知見が得られる。臨床施設で診断目的で使うには、まだある程度の制約はあるものの、この方法はがん患者を分類するのに役立つだろう。

An imaging approach that allows for the simultaneous visualization of up to 100 clinically relevant metal isotope-labeled antibodies in human breast tumors from tissue sections is reported this week in Nature Medicine. This technique provides important and accurate information about disease pathogenesis that may help with clinical diagnosis.

Immunohistochemistry and immunofluorescence are tools that visualize proteins using colored pigments and fluorescence signals and that have been the cornerstone of clinical diagnostics involving tissue sections. However, technical and practical shortcomings have limited their use. In particular, these methods are not appropriate for quantitatively analyzing multiple antigens expressed in tissues or cells, which is often needed to understand the molecular and morphological features of clinical biopsies.

Garry Nolan and colleagues developed a method called multiplexed ion beam imaging (MIBI) that allows with high sensitivity the analysis of numerous molecular markers at the same time using standard formalin-fixed, paraffin-embedded tumor tissue sections, which are commonly used in the clinic. Using MIBI, the authors imaged breast tumor tissue sections stained with clinically relevant metal-conjugated antibodies to demonstrate that the technique may be useful in a diagnosis setting.

The approach can provide new insights into disease pathogenesis, tumor heterogeneity and pathway activation status at the single-cell level, and aid in the classification of cancer patients, although some limitations still exist regarding its use in the clinic for diagnostic purposes.

doi: 10.1038/nm.3488

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度