Research press release

前立腺がんの悪性度を下げる

Nature Medicine

Taming prostate cancer aggressiveness

細胞接着分子N-カドヘリンが、比較的良性の前立腺がんから非常に悪性度の高い型への変化に重要な役割を果たすことが明らかになった。この細胞接着分子を標的にすれば、前立腺がんの今後の治療に役立つ可能性がある。

前立腺がんは男性ホルモン(アンドロゲン)依存性の場合が多いため、前立腺がん患者では、治療として性腺摘除が有効なことが多い。一方、がんがアンドロゲン非依存性になって性腺摘除に反応しなくなると、がんは致命的なものとなる。しかし、性腺摘除抵抗性への変化を何が制御しているのかは知られていなかった。

R Reiterたちは、性腺摘除抵抗性の前立腺がんでは、細胞間で糊の働きをするタンパク質N-カドヘリンの発現が上昇していることを発見した。男性ホルモン依存性前立腺がんでN-カドヘリンを発現させると、がんは性腺摘除抵抗性になり、転移が促進された。N-カドヘリンに対するモノクローナル抗体は、マウスに移植した前立腺がんの増殖、接着、転移を抑制し、一部の例では腫瘍が完全に退縮した。

The cell-adhesion molecule N-cadherin is critical for the tumour transition from a relatively benign to a very aggressive form of prostate cancer, reports an article published online this week in Nature Medicine. Therapeutic targeting of this adhesion molecule may have future clinical benefits for the treatment of prostate cancer.

Men with prostate cancer tend to respond to castration therapy, as prostate tumours are often dependent on androgenic hormones to grow. If, on the other hand, the tumour becomes androgen-independent and resistant to castration, the disease becomes lethal. What controls the transition to the castration-resistant state has been unknown.

Robert Reiter and his colleagues found that the expression of N-cadherin, a protein that acts as molecular glue between cells, is increased in tumours of people with castration-resistant prostate cancer. They found that forced expression of N-cadherin in androgen-dependent prostate cancer cells made them resistant to castration and promoted cancer metastasis. Monoclonal antibodies against N-cadherin reduced proliferation, adhesion and metastasis of prostate cancer cells transplanted into mice, leading in some cases to complete tumour regression.

doi: 10.1038/nm.2236

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度