Research press release

スペクチナミドで結核を治療

Nature Medicine

Treating tuberculosis with spectinamides

既存薬から作った誘導体が、結核の有望な臨床治療薬になるという報告が寄せられている。この研究はマウスで行われたものだが、既存薬の利用目的を変え、修飾することによって抗菌作用を高めるという方法が有効なことが実証された。

スペクチノマイシンは細菌のリボソームに結合してタンパク質合成を阻害する、天然の抗生物質だが、結核菌Mycobacterium tuberculosisに対しては弱い活性しか示さなかった。Richard Leeたちは、スペクチノマイシンから誘導体を合成して、スペクチナミドと呼ばれる新しい薬を作製した。このスペクチナミドは、培養でも感染マウスでも、結核菌の増殖を強く阻害する。これらの薬はマイコバクテリアのタンパク質合成を選択的に阻害し(真核生物のリボソームには作用しない)、重要な薬物輸送体による細胞からの除去を受けにくいために、マイコバクテリアに対する殺菌作用が強くなっている。

Variations on an old drug generate promising clinical candidates for tuberculosis treatment, reports a study published this week in Nature Medicine. The work, done in mice, validates efforts to repurpose and modify existing drugs to increase their antibacterial efficacy.

Spectinomycin is a naturally found product that acts as an antibiotic, binding to bacterial ribosomes and blocking bacterial protein synthesis; however, it has only modest activity against Mycobacterium tuberculosis. Richard Lee and colleagues synthetically modified spectinomycin to create new drugs called spectinamides, which could potently inhibit M. tuberculosis growth in culture and in infected mice. These drugs selectively inhibited mycobacterial protein synthesis-sparing eukaryotic ribosomes-and avoided removal from the cell by a key drug transporter, thereby increasing mycobacterial killing activity.

doi: 10.1038/nm.3458

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度