Research press release

酸で結核と戦う

Nature Medicine

Fighting tuberculosis with acid

体には天然の防御機構が備わっているが、結核菌がこの仕組みに打ち勝つのを助ける特殊なタンパク質が突き止められた。免疫細胞は結核菌を取り込んで消化するために酸性化という方法を使うが、このタンパク質は酸性化に対する抵抗力をもたらす。

酸性化は、免疫細胞やマクロファージが結核菌Mycobacterium tuberculosisと戦う際に使う重要な武器だが、酸が結核菌を殺すのか、また病気の発症に酸性化抵抗性が必要なのかは明らかになっていない。

S Ehrtたちは、結核菌が実際にマクロファージの内部の酸性環境のもとでも、抵抗性をもたらす特殊なタンパク質の働きによって生きていけることを発見した。このタンパク質がないと結核菌は生き延びられず、マウスに対する毒性が著しく低下する。

この知見に基づいて、Ehrtたちは、酸性化抵抗性をもたらすこのタンパク質を標的にすれば、有望な抗結核療法になるだろうと述べている。

Scientists have pinpointed a specific protein that helps tuberculosis fight off the body’s natural defence mechanism. The protein is able to withstand the acidification used by immune cells to engulf and digest the disease.

Acidification is an important mechanism used by immune cells or macrophages to fight Mycobacterium tuberculosis pathogens. It remains unclear, however, if acid kills the bacterium or if resistance to acidification is required for the development of the disease.

Online in Nature Medicine this week, Sabine Ehrt and colleagues found that Mycobacterium can actually survive the acidic environment inside macrophages due to a specific protein responsible for resistance. In the absence of this protein, Mycobacterium failed to survive, and its virulence was markedly reduced in mice.

On the basis of their findings, the authors propose that targeting the protein that creates resistance to acid is an attractive strategy against tuberculosis.

doi: 10.1038/nm.1795

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度