Research press release

血小板の機能に人種による違い

Nature Medicine

Racial differences in platelet function

黒人被験者から取った血液中の血小板は、白人被験者由来の血小板よりも迅速に活性化されるとの報告が寄せられている。血小板が活性化されると血液凝固が亢進するので、黒人の方が白人に比べて冠状動脈性心疾患の場合の生存率が低いことが、これで説明できる。

Paul Brayたちは、154人の健康な被験者(人種について、黒人か白人かを自己申告した)から得た血小板を比較し、黒人由来の血小板ではマイクロRNAの1つ、miR-376cのレベルが低下していることを発見した。miR-376cレベルが低いために、その標的タンパク質量も増加していた。この標的タンパク質は、血液凝固を促進する酵素トロンビンによる血小板の完全活性化に必要なタンパク質である。

これらの知見から、特にトロンビン活性を阻害するタイプの抗血栓剤を利用する場合には、抗血栓剤に対する臨床反応に人種的な違いがあることを考慮に入れる必要があることが明確になった。

Platelets in blood taken from black participants are more readily activated than those from white participants, reports a study published online this week in Nature Medicine. As activation of platelets can lead to excessive blood clotting, this work may help to explain why black individuals have lower survival rates from coronary heart disease compared to white individuals.

Paul Bray and his colleagues compared platelets from 154 healthy participants who self-identified their race as either black or white, and found that platelets from black individuals had decreased levels of the microRNA miR-376c. This decreased level in turn led to increased amounts of its target protein. This protein is needed for full platelet activation by thrombin, an enzyme that promotes blood clotting.

These findings highlight the concept that racial differences in clinical responses to anti-thrombotic drugs need to be taken into account, particularly in the case of drugs designed to inhibit thrombin activity.

doi: 10.1038/nm.3385

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度