Research press release

塩素イオンを標的にして神経疾患を治療

Nature Medicine

Targeting chloride for neurological disease

慢性疼痛や不安症、てんかんといったヒトの多くの神経疾患、精神疾患では、カリウム-塩素共輸送体である膜タンパク質KCC2の活性が低下している。今回、新しく開発した小型の分子によって、KCC2を活性化し、ラットの慢性疼痛を軽減できたとの報告が寄せられている。この知見が示唆するように、痛みの治療や、その他にもKCC2の活性が損なわれている病気の治療法として有望である。

KCC2は膜貫通型のポンプで、ニューロン内部の塩素イオン濃度を低く保つ働きをし、その働きで神経インパルスを阻害できる。そこでYves De Koninckたちは、KCC2を活性化できる薬があれば、阻害性シグナルを回復でき、神経疾患の治療に役立って、臨床的に期待できるかもしれないと考えた。Koninckたちは、低分子化合物ライブラリーをスクリーニングして、CLP257と呼ぶ化合物を見つけだした。さらに研究を進め、この化合物がKCC2の発現と活性を促進し、神経を損傷したラットの痛みを軽減させることを明らかにした。

Koninckたちは、CLP257よりもさらに薬理学的に優れた特性を持つ類似化合物を1つ見つけ、この化合物がラットの痛み軽減に関して、疼痛治療に用いられている既存薬プレガバリンと同程度の効果を示し、しかもプレガバリンによく見られる運動性の副作用が見られなかったと述べている。

The activity of the potassium-chloride membrane protein, KCC2, is reduced in many neurological and psychiatric disorders in humans, such as chronic pain, anxiety, and epilepsy. A study published online this week in Nature Medicine reports a newly-developed small molecule that can activate KCC2 and reduce chronic pain in rats. The findings suggest a promising therapeutic approach to treat pain and other conditions in which the KCC2 activity is impaired.

KCC2 is a transmembrane pump that keeps chloride ion concentrations low within neurons, which enables inhibition of nerve impulses. Therefore, Yves De Koninck and colleagues reason that a drug that could activate KCC2 may prove promising in the clinic to restore inhibitory signals and treat neurological diseases. The team screened a small molecule compound library and identify a drug, which they call CLP257. They go on to show that this drug can enhance KCC2 expression and its activity and reduce pain in rats with nerve injury.

They note that a related compound with better pharmacological profiles than CLP257 was as effective in reducing pain in rats as an existing pain treatment called pregabalin, but it lacked the undesirable motor side effects that are often seen with that drug.

doi: 10.1038/nm.3356

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度