Research press release

既存のT細胞応答が、インフルエンザに対する防御になる

Nature Medicine

Pre-existing T cell responses protect against influenza

自然にインフルエンザに関連したヒトでは、感染前から存在するインフルエンザウイルス特異的なCD8+ T細胞が、インフルエンザにともなう症状の軽減に関係している事が明らかになった。この知見から、T細胞応答の強化をねらったインフルエンザワクチン開発が有効なことが示唆される。

インフルエンザに対するワクチンは、強力だが短期的な抗体応答を誘導するが、この応答には、ワクチンに含まれていないウイルス株を中和する能力がないことが多い。そのため、2009H1N1パンデミックに見られたように、このワクチンでは新しく出現したインフルエンザ株は標的にならず、感染が広がることになって重大な結果をもたらす可能性がある。体内で作られる、もっと寿命の長い交差反応性CD8+ T細胞が、インフルエンザの自然感染後に、ウイルス特異的な抗体がなくても、発症を防ぐ役割を果たすかは、それほどはっきり分かっていなかった。

Ajit Lalvaniたちは、2009パンデミックウイルス(pH1N1)に感染したヒトのCD8+ T細胞応答を解析し、pH1N1に対する中和抗体がなくても、良く保存されているウイルスペプチドに対して特異的な既存のCD8+ T細胞の存在が、症状の軽減と鼻からのpH1N1の排出減少に結びつくことを発見した。この知見が示すように、毎年の季節性インフルエンザだけでなく将来のパンデミックから身を守るためには、抗体応答に加え、交差反応性CD8+ T細胞の発生を促進する、新しいインフルエンザワクチンを目指すべきだ。

CD8+ T immune cells that are present prior to infection and are specific for influenza virus are associated with reduced severity of influenza-associated illness in people who have been naturally infected. These findings, reported online this week in Nature Medicine, provide support for the development of influenza vaccines aimed at enhancing T cell responses.

Vaccines against influenza induce a strong but short-lived antibody response that frequently lacks the ability to neutralize viral strains that are not components of the vaccine.As a result, the emergence of a new influenza strain not targeted by the vaccine, such as that seen during the 2009 H1N1 pandemic, can result in widespread infection with potentially severe outcomes.The role of longer-lived, cross-reactive CD8+ T cells that are produced by the in protecting against illness after natural influenza infection and in the absence of virus-specific antibodies has been less clear.

Ajit Lalvani and colleagues analyzed CD8+ T cell responses in individuals infected with the 2009 pandemic virus (pH1N1) and found that in the absence of neutralizing antibodies to pH1N1, pre-existing CD8+ T cells specific for highly conserved viral peptides were associated with reduced severity of symptoms and nasal shedding of pH1N1.The findings suggest that new influenza vaccines should promote the development of cross-reactive CD8+ T cells-in addition to antibodies-in order to protect against influenza-associated illness from future pandemics as well as from annual seasonal influenza.

doi: 10.1038/nm.3350

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度