Research press release

非ヒト霊長類でのコロナウイルス感染治療

Nature Medicine

Treating a type of coronavirus in nonhuman primates

中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)が感染したアカゲザルに、広く使われる抗ウイルス薬の配合剤を投与すると、ウイルスの複製が抑えられるとの報告が寄せられている。この知見から期待されるように、ヒトでも抗ウイルス薬併用療法が効果を示すかもしれない。

MERS-CoVはヒトの急性呼吸器疾患の原因となり、これまでに知られている感染者の約半数が死亡している。現時点では、病気を軽症に抑えたり、感染を防いだりできる有効な治療法やワクチンはない。インターフェロンによる情報伝達は重要な抗ウイルス防御機構であり、C型肝炎ウイルス感染など、他のウイルス感染の治療にはインターフェロンα-2bとリバビリンが利用されている。また、この2つを併用するとMERS-CoVの複製も阻害できることが培養細胞では報告されている。

Heinz FeldmannたちはアカゲザルにMERS-CoVを感染させ、8時間後にインターフェロンα-2bとリバビリンを投与した。併用療法を受けたアカゲザルは、治療しない感染アカゲザルに比べ、肺の損傷がかなり少なく、炎症性免疫応答も軽減し、肺のウイルス量も減少した。また、治療したアカゲザルとしなかったアカゲザルを比較すると肺での遺伝子発現に違いがあり、病態生理学的応答の違いの一部は、この遺伝子発現の違いで説明できる可能性がある。唯一知られているMERS-CoV感染動物モデルでこのような知見が得られたことで、ヒトのMERS-CoV感染の治療にもインターフェロンα-2bとリバビリンの併用療法が応用できる可能性が裏付けられた。

Treating Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV) infected rhesus macaques with a common antiviral drug combination reduces viral replication, reports a study published this week in Nature Medicine. The findings offer hope that the combination therapy could also be effective in humans.

MERS-CoV causes an acute respiratory illness in humans and has killed about half of the individuals known to be infected. Presently there is no effective therapy or vaccine capable of controlling the infection or limiting its severity. Interferon signaling is an important antiviral defense mechanism and interferon alpha-2b and ribavirin are used in the management of other diseases, such as hepatitis C infection. Its combination use has been reported to inhibit replication of MERS-CoV in cells in culture, as well.

Heinz Feldmann and colleagues infected rhesus macaques with MERS-CoV and then eight hours later treated with interferon alpha-2b and ribavirin. The monkeys receiving the combination therapy showed substantially less lung injury compared with untreated infected monkeys, as well as lower levels of inflammatory immune responses and lower viral load in lungs. The authors also found differences in gene expression in the lungs of treated monkeys compared with untreated ones that may account for some of the differences in pathophysiological response. These findings, in the only known animal model of MERS-CoV infection, lend support to the potential clinical application of interferon alpha-2b and ribavirin therapy for treatment of this infection in humans.

doi: 10.1038/nm.3362

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度