Research press release

真菌の構成成分が、気道疾患の発症を促進する

Nature Medicine

A fungal component promotes airway disease

空中を浮遊する真菌の成分が、肺で特定の型の免疫細胞を活性化し、アレルギー性気道疾患の発症を促進するとの報告が寄せられている。この知見によって、環境要因が肺疾患の引き金となるしくみが明らかになった。

空中浮遊真菌の胞子は屋内でも屋外でも広く見られ、我々は絶えずこれを吸い込んでいる。吸い込まれた真菌は肺の免疫系によって除去されるが、人によってはこの真菌に対してアレルギー反応を起こし、重い喘息や肺機能の低下に結びつくことがある。

Dale T Umetsuたちは、広く見られる真菌 Aspergillus fumigatusを吸入するとアレルギー性肺疾患が誘発されることを、マウスで確認した。このアレルギー反応に必要なのは、インバリアントナチュラルキラーT(iNKT)細胞と呼ばれる特殊な型の免疫細胞で、iNKT細胞を持たないマウスでは、真菌に曝露しても肺機能は損なわれない。このiNKT細胞は、この真菌から精製したアスペルアミドBという脂質分子を認識した。この脂質分子は、単独でマウスとヒトのiNKT細胞に直接結合して活性化するため、炎症応答を引き起こす作用があり、マウスの肺機能を低下させることがわかった。

A component of airborne fungi directly activates a specific type of immune cell in the lung, promoting allergic airway disease, reports a study published this week in Nature Medicine. This finding clarifies how environmental triggers can induce lung disease.

Spores from airborne fungi are commonly found both indoors and outdoors and are regularly inhaled. Once inhaled, the fungi are cleared by the immune system in the lung; however, some individuals develop an allergic response to the fungi that is associated with severe asthma and decreased lung function.

Dale T. Umetsu and colleagues confirm that inhalation of the common fungus Aspergillus fumigatus induces allergic lung disease in mice. This response is dependent on a specific type of immune cell in the lung, the invariant natural killer T (iNKT) cell, as exposure to fungi does not impair lung function in mice deficient in iNKT cells. These cells recognize asperamide B, a lipid molecule purified from the fungi. This lipid alone can directly bind to and activate mouse and human iNKT cells, thus eliciting an inflammatory immune response and impaired lung function in mice.

doi: 10.1038/nm.3321

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度