Research press release

うつ病にかかわる新しい因子

Nature Medicine

New factor involved in depression

MKP-1とよばれる酵素がうつ病に関係しており、これが新しい治療標的になる可能性が明らかになった。

うつ病は、患者数の多さと経済的損失の大きさのため、最も社会に深刻な影響をもたらす神経生物学的疾患の1つとなっている。それにもかかわらず、うつ病の病態生理の原因となる細胞機構、分子機構については、完全に解明はされていない。R Dumanたちは、ゲノミクス技術を用いてうつ病患者の脳組織を調べ、MKP-1の発現が亢進していることを発見した。MKP-1はタンパク質からリン酸基を取り除く酵素の仲間で、ニューロンの機能にかかわる重要な情報伝達経路であるマイトジェン活性化タンパク質キナーゼ(MAPK)カスケードの、主要な負の調節因子の1つである。

Dumanたちは、ラットとマウスでMKP-1の役割を調べ、MKP-1の発現レベルの上昇が抑うつ行動を引き起こすことを発見した。逆に、抗うつ剤を投与するとMKP-1の発現や行動は正常に戻った。またMKP-1が欠失したマウスは、ストレスが引き起こすうつ症状からの回復が早い。これらの知見は、このMKP-1がうつ病の病態生理にかかわっている可能性があることを明確に示している。

An enzyme known as MKP-1 is linked to depression and could potentially be a new target for therapy of the disorder reports an article online this week in Nature Medicine.

The prevalence and economic burden associated with depression make it one of the most debilitating neurobiological illnesses. Despite this, the cellular and molecular mechanisms underlying the pathophysiology of depression are not entirely known. Ronald Duman and his colleagues applied genomic techniques to human brain tissue from people with depression and found increased expression of MKP-1. MKP-1 is a member of a family of proteins that remove phosphate groups from proteins and serves as a key negative regulator of the mitogen-activated protein kinase (MAPK) cascade — a major signaling pathway involved in neuronal function.

The authors tested the role of MKP-1 in rats and mice and found that increased MKP-1 expression caused depressive behaviours. Conversely, treatment with antidepressant normalized MKP-1 expression and behaviour, and mice lacking MKP-1 were resilient to stress-induced depressive pathology. This therefore underscores the potential relevance of this molecule to the pathophysiology of depression.

doi: 10.1038/nm.2219

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度