Research press release

結核の新薬候補

Nature Medicine

Potential new drug for tuberculosis

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)の成長を阻害する新しい薬の報告が寄せられている。これによって、薬剤耐性結核(TB)の治療の選択肢が増えるかもしれない。

世界の人口の3分の1には結核菌が潜伏感染しており、TBによる死者は毎年100万人を超える。多剤耐性結核菌が広がっているため、改良型の新薬の開発が緊急に求められている。

Kevin Petheたちは、マクロファージでの結核菌の成長を阻害する薬を求めて化学物質ライブラリーのスクリーニングを行い、有力候補としてイミダゾピリミジンアミドを見つけだした。次にこの化合物を改良して、化合物Q203を作製した。このQ203は、試験管内でもTBのマウスモデルでも効果を示し、結核菌の電子伝達鎖の一部が標的となるため、細胞のエネルギー生産に必要なATP合成過程が阻害される。

この知見によって、ATP合成を標的とすれば活性な結核菌と潜伏感染した結核菌の両方を根絶できる可能性があることが裏付けられ、今後、臨床的に検討すべき新薬候補が得られた。

A new drug capable of inhibiting growth of Mycobacterium tuberculosis is reported this week in Nature Medicine. The findings may improve therapeutic options for the treatment of drug resistant tuberculosis (TB).

One-third of the world’s population is latently infected with M. tuberculosis and more than a million people die of TB each year. Multidrug-resistant strains of M. tuberculosis are spreading, and therefore the need to develop new and improved drugs is urgent.

Kevin Pethe and colleagues screened a chemical library for inhibitors of M. tuberculosis growth in macrophages and identified imidazopyrimidine amides as potential candidates. The team then optimized these chemicals in order to generate the compound Q203. This compound, which showed efficacy in vitro and in a mouse model of established TB, targets part of the M. tuberculosis electron chain and therefore inhibits ATP synthesis-which is needed for cellular energy production.

The findings support the concept of targeting ATP synthesis to potentially eradicate both active and latent M. tuberculosis and provide a new candidate for clinical validation.

doi: 10.1038/nm.3262

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度