Research press release

腫瘍の代謝プロフィールを見る

Nature Medicine

Viewing the metabolic profile of a tumor

非放射性グルコース分子の腫瘍への取り込みを検出できる非侵襲的手法が、がんのタイプの診断や治療に対する患者の反応の評価に役立つかもしれない。

腫瘍は、細胞増殖に必要なエネルギーや合成材料を生産するために、正常な組織に比べ、多量のグルコースを取り込む必要がある。Simon Walker-Samuelたちが利用した手法は、glucoCEST(グルコース化学交換依存型飽和移転)と呼ばれ、従来の代表的手法や低酸素症などの腫瘍代謝のマーカーに比べて、非常に高感度で腫瘍のグルコース取り込みが測定できる。著者たちはglucoCESTを利用して、悪性度に違いのあるさまざまな結腸直腸がんのタイプを同定した。この手法は放射性物質を用いる他の手法と同程度に有効なことが証明され、非標識グルコースが利用できることから、従来法に代わる臨床施設向きの安価で使いやすい方法になるかもしれない。またこの手法では高い解像度が得られるため、治療過程で薬剤応答性に影響する可能性のある腫瘍内の細胞の変化をとらえたり、これまでより小さい腫瘍を診断したりできるかもしれないと、著者たちは考えている。

A non-invasive technique for detecting the uptake of non-radioactive glucose molecules in tumors can help diagnose cancer types and assess response to therapy in patients, reports a study published this week in Nature Medicine.

Compared to normal tissue, tumors require increased glucose uptake to produce the energy and building blocks needed for cell proliferation.The technique used by Simon Walker-Samuel and colleagues, called glucose chemical exchange saturation transfer (glucoCEST), is highly sensitive for measuring glucose uptake tumor metabolism compared to gold standard techniques and other markers of tumor metabolism such as hypoxia. They used glucoCEST to identify different colorectal tumor types with different malignant features.

Because the technique proved to be as effective as other radioactive techniques, the use of unlabeled glucose may be a cheaper and simpler alternative in the clinic. Also, the authors believe that the increased resolution achieved may also allow identification of intratumor cellular variability, which can influence drug responses during the course of treatment, and the assessment of smaller tumors.

doi: 10.1038/nm.3252

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度