Research press release

うつを軽減する

Nature Medicine

Damping down depression

脳内のセラミド(体内に存在する脂肪酸分子の一種)を減少させると抗うつ作用が見られることが、うつ病のマウスモデルで明らかになった。この知見は、ヒトのうつの新しい効果的な治療法につながる可能性がある。

セラミドは、脳細胞の膜に多く含まれる脂質スフィンゴミエリンの酵素分解によって生じる分子である。

Erich Gulbinsたちは、ストレスに曝されたマウスの脳内のセラミド濃度が、非ストレス状態のマウスに比べて上昇していることを発見した。アミトリプチリンやフルオキセチンといった広く使われる抗うつ剤は、セラミド濃度を正常化し、治療したマウスではうつ行動が減少した。また、セラミドを正常マウスの脳に注入したり、スフィンゴミエリンを分解する酵素を過剰発現させたりすると、うつ行動が誘発されることと、この酵素の阻害剤であるフェンジリンには抗うつ作用があることも明らかになった。

Reducing the brain levels of ceramide-a fatty acid molecule found in the body-has an antidepressant effect in mouse models of the disease, reports a study published online this week in Nature Medicine.The findings suggest a potential new therapeutic approach to more effectively treating depression in humans.

Ceramide is a molecule released when an enzyme cleaves sphingomyelin, a lipid enriched in membranes of brain cells.

Erich Gulbins and colleagues found that mice exposed to stress had increased brain ceramide concentrations compared with non-stressed mice. Commonly used antidepressant drugs, such as amitriptyline and fluoxetine, normalized ceramide levels and reduced depressive behavior in treated mice. Furthermore, Gulbins and colleagues reported that injection of ceramide into the brain of normal mice, or overexpression of the enzyme that cleaves sphingomyelin, could induce depressive behaviors, whereas fendiline, an inhibitor of the enzyme, had antidepressant properties.

doi: 10.1038/nm.3214

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度