Research press release

依存症治療の新しい標的

Nature Medicine

A new target against addiction

体内に存在する天然の酵素、アルデヒドデヒドロゲナーゼ-2(ALDH-2)の阻害が、コカイン依存症の治療法になる可能性があるとの報告が寄せられている。

薬物依存症の神経生物学的研究は数多く行われているが、コカイン依存には有効な治療法はない。ALDH-2は、アルコールの飲み過ぎ後に蓄積する二日酔いの原因となる分子、アセトアルデヒドのレベルを下げることが知られている。L Yaoたちは、ALDH-2の阻害剤が、ラットのコカイン自己摂取を防ぐことを明らかにした。この阻害剤は、間接的に働いて、コカインをはじめとする薬物の報酬効果に不可欠な分子であるドーパミンの生産と放出を減少させる。

重要なのは、この阻害剤がコカインの自己摂取を防ぐだけでなく、再燃(一時期改善した後で、再び依存状態に戻ること)も防げることである。依存症の再発は、本来の依存症と同じくらい深刻な問題であり、ALDH-2阻害剤の治療効果は真剣に検討する価値がある。

Inhibiting the enzyme aldehyde dehydrogenase-2 (ALDH-2) ― a natural enzyme in the body ― may have therapeutic potential against cocaine addiction, according to an article in this week's Nature Medicine.

Despite many studies of the neurobiology of drug addiction, there is no effective treatment for cocaine addiction. ALDH-2 is known to reduce the level of acetaldehyde, a molecule that accumulates after alcohol abuse to trigger the symptoms of a hangover. Lina Yao and her colleagues show that an inhibitor of ALDH-2 prevents rats from self-administering cocaine. The inhibitor acts by indirectly decreasing the production and release of dopamine, a molecule critical for the rewarding effects of cocaine and other drugs.

Crucially, the inhibitor not only prevented cocaine self-administration, but also relapse ― the return to the addictive state after a period of improvement. As relapse is often a health problem as serious as the original addiction, the therapeutic potential of ALDH-2 inhibitors warrants serious consideration.

doi: 10.1038/nm.2200

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度