Research press release

核酸がサルをエボラウイルスから守る

Nature Medicine

Nucleic acids protect monkeys against the Ebola virus

遺伝子発現の調節に使われることの多い(モルホリノオリゴマーとよばれる)核酸誘導体が、霊長類をエボラウイルスの致死作用から守るとの報告が寄せられている。ヒトでの検証はまだだが、ヒトの治療にも有効な可能性がある。

高病原性のエボラウイルスや類縁のマールブルグウイルスは、ウイルス性出血熱の原因となるが、ワクチンも治療法も存在しない。

S Bavariたちは、ウイルス遺伝子に対するモルホリノオリゴマーをアカゲザルに注射すると、エボラウイルスやマールブルグウイルスに感染しても死なないことを明らかにした。重要なのは、ウイルスに曝露してから1時間後にモルホリノオリゴマーを投与しても防御効果があったことで、緊急事態の場合にもこの方法が有望な治療法になることが注目される。

Nucleic acid analogs often used to modify gene expression ― called morpholino oligomers ― can protect primates from the lethal effect of the Ebola virus, according an article published this week in Nature Medicine. Though not tested in humans, these findings may highlight a potential for therapies in humans.

No vaccines or therapeutics exist to counter the highly pathogenic Ebola and the related Marburg viruses, which cause viral hemorrhagic fever.

Sina Bavari and her colleagues now show that injection of morpholino oligomers directed against viral genes kept rhesus monkeys from dying after infection with the Ebola or Marburg virus. Importantly, the monkeys were protected even if the morpholinos were administered one hour after exposure to the viruses, highlighting the potential of the approach as a therapeutic strategy in an emergency setting.

doi: 10.1038/nm.2202

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度