Research press release

腫瘍の血管をつくる分子スイッチ

Nature Medicine

A molecular switch for blood vessels in tumours

腫瘍に成長のための栄養を補給するには新しい血管の成長が不可欠だが、がん細胞がこれを誘導するのに利用する分子の報告が寄せられている。この分子やその下流の分子を標的にすれば、腫瘍を小さくする治療法に結びつく可能性がある。

D Chereshたちはヒト腫瘍やマウスで研究を行い、マイクロRNAの1つmiR-132が、新しい血管の形成を引き起こす「血管新生スイッチ」の働きをすることを発見した。ヒトの腫瘍の血管ではmiR-132レベルが非常に高くなっていたが、正常な血管では検出されなかった。試験管内でmiR-132を血管細胞で発現させると、血管細胞の増殖が亢進したが、マウスでmiR-132の発現を低下させると、血管の発生が減少した。同様にマウスの腫瘍でmiR-132の発現を低下させると、血管の発生が抑制され、腫瘍が小さくなった。

A molecule cancer cells use to induce the growth of new blood vessels that are crucial in supporting tumour growth is reported in this week's Nature Medicine. Targeting this molecule or its downstream targets could have therapeutic implications in reducing tumour size.

Working with human tumours and mice, David Cheresh and his colleagues found that miR-132 ― a microRNA ― acts as an "angiogenic switch" to induce the formation of new blood vessels. The level of miR-132 was highly elevated in blood vessels of human tumours but was undetectable in normal vessels. Forced expression of miR-132 in blood vessel cells in vitro increased their proliferation, whereas reducing the expression of miR-132 in mice reduced blood vessel development. Similarly, reducing the expression of miR-132 in the tumours of mice suppressed blood vessel development and decreased tumour size.

doi: 10.1038/nm.2186

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度