Research press release

皮膚パッチ剤で、インフルエンザワクチン

Nature Medicine

Skin patch delivers influenza vaccination

ごく微小な針を一面に配置したパッチを皮膚にはることにより、インフルエンザワクチンを接種できるとの報告が寄せられている。この研究はマウスで行われ、この極微針パッチは肺からのウイルス除去効果が従来の方法よりも高く、免疫系の抗体記憶が強化されることがわかった。

ワクチンを筋肉組織へと針で注入する従来のワクチン接種方法では、いくつかの問題点がある。この新しい方法を利用すれば、患者自身でも決められたとおりに接種を行うことができ、危険な医療廃棄物が減少して、強力な免疫賦与が達成できる。

M Prausnitzたちは、ミクロン程度の大きさの溶解性の針を皮膚用パッチに並べて植え付けた、簡単で安全なワクチン接種方法を提案している。この針が、痛みなしに皮膚に刺さり、ワクチンを送り込む。皮膚は活発な免疫器官なので、抗原提示細胞が大量に存在している。このパッチを試したマウスでは、インフルエンザワクチンに対するワクチン接種効果が高まることがわかった。

Influenza vaccination can we achieved using microneedle covered patches applied to the skin, as reported online this week in Nature Medicine. The study, conducted in mice, found that the microneedle patches were more efficient at clearing the lungs of virus and improved the immune system's antibody memory.

Traditional methods of immunization ― needle injection into muscle tissue ― face obstacles in the delivery system of antibodies. New methods strive to achieve high levels of mass immunization through enhancing patient compliance and reducing biohazard waste.

Mark Prausnitz and colleagues propose a simple and safe method for vaccine delivery by dissolving micron-scale needles onto a patch that painlessly pierces the skin and administers the vaccine. Since the skin is an active immune organ, it contains copious antigen-presenting cells. The authors found that in the mice tested with the patch, there was increased efficacy of vaccination towards influenza.

doi: 10.1038/nm.2182

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度