Research press release

人工肺をつくる

Nature Medicine

Building an artificial lung

Building an artificial lungCredit: Harald C Ott

最終的には移植に使える可能性のある人工肺の作製の報告が寄せられている。移植可能な肺組織片の作製の原理証明であり、これが将来、肺の疾患の治療法につながる可能性がある。

終末期肺疾患患者は、世界で5000万人にも上る。こういった患者の多くに肺移植が役立つ可能性はあるが、臓器不足が制約になっている。H Ott たちは、無細胞肺マトリックスから出発してラットに移植可能な肺を作製する方法を開発した。Ott たちは、ラットの肺からうまく細胞を取り除き、肺の構造的な性質を維持したままのマトリックスを得た。次にこの骨組みに、別の型の肺細胞を「植え付け」て細胞を増殖させた。するとこのマトリックスは肺の機能を示し、ラットに移植することもでき、移植後も最長6時間機能した。

Building an artificial lungCredit: Harald C Ott

The construction of an artificial lung that may eventually be used for transplantation is reported in an article online in this week’s Nature Medicine. These results provide proof of principle for the generation of a transplantable lung graft which could one day represent a potential treatment for lung disease.

Fifty million people worldwide have end-stage lung disease. A lung transplant could help many of these patients, but organ shortage is often a limiting factor. Harald Ott and his colleagues now report on an approach to build lungs that are transplantable into rats, starting from a cell-free lung matrix. The authors removed the cells from rat lungs in a way that allowed them to preserve a matrix with the structural characteristics of the original organ. They then “seeded” the scaffolds with different lung cell types. The repopulated matrices supported lung function and could even be transplanted into rats, where they functioned for up to six hours.

doi: 10.1038/nm.2193

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度