Research press release

がんにみられる遺伝子再編成

Nature Medicine

Genetic rearrangements in cancer

前立腺がん、胃がん、黒色腫において、特異的タンパク質を含んだ遺伝子再編成が存在することが明らかになった。この再編成によって生じるハイブリッド分子が、新たな治療標的になる可能性がある。

転写因子は遺伝子発現を調節する分子だが、がんには、この転写因子の融合を起こす遺伝子再編成が広くみられる。しかし、転写因子を薬剤の標的とするのは、非常に勇気がいる。

A Chinnaiyanたちは、シーケンシング技術を利用して別のタイプの遺伝子再編成を探し、SLC45A3遺伝子とBRAF遺伝子の融合と、ESRP1遺伝子とRAF1遺伝子の融合を見つけ出した。これらの融合ではRAFファミリーに属するキナーゼが融合している。キナーゼは酵素の一種で、これまでの薬剤開発ではほかに比べてよい標的となっているため、Chinnaiyanたちは、このような再編成が存在する細胞が薬物治療に感受性を示すかどうかを調べた。実際に、前立腺細胞でこのような融合タンパク質が発現するとがんに似た特徴が現れるが、RAFキナーゼ阻害剤に対し感受性を示した。

頻度は低いが、RAF経路の再編成は、進行前立腺がん、胃がん、黒色腫で起こりやすい。これらの結果を総合すると、RAF阻害剤は遺伝子融合を起こしているある種のがんに有効な可能性があること、がんのゲノム塩基配列解読によって、頻度は低いが別種のがんに共通してみられる融合が見つけられることがわかった。

The existence of genetic rearrangements that involve specific proteins in prostate cancer, gastric cancer and melanoma, is reported this week in Nature Medicine. The hybrid molecules resulting from these rearrangements could represent new therapeutic targets.

Genetic rearrangements that involve the fusion of transcription factors ― molecules that control gene expression ― have been commonly seen in cancer. However, pharmacologically targeting transcription factors is extremely challenging.

Arul Chinnaiyan and his colleagues used sequencing techniques to identify other types of gene rearrangements and identified fusions between the SLC45A3 and BRAF genes and between the ESRP1 and RAF1 genes. Since these fusions involve members of the RAF family of kinases ― type of enzymes ― and protein kinases have historically been better targets for drug development, the scientists explored if cells harboring the rearrangements would be susceptible to pharmacological treatments. Indeed, expression of these fusions in prostate cells induced a cancer-like characteristic that was sensitive to RAF kinase inhibitors.

Although rare, rearrangements in the RAF pathway tend to occur in advanced prostate cancers, gastric cancers and melanoma. Together, these results show that RAF inhibitors may be useful in a subset of tumors harboring gene fusions and demonstrate that sequencing of tumor genomes may lead to the identification of rare fusions across cancer types.

doi: 10.1038/nm.2166

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度