Research press release

ループスの免疫増幅役

Nature Medicine

Immune amplifiers of lupus

好塩基球はアレルギーや寄生虫感染の際に活性化される免疫細胞だが、これがループス(狼瘡)の発生にもかかわっていることがわかった。この知見は、特定の免疫細胞や抗体を阻害してループスを治療する方法の開発に今後役立つだろう。

全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡)は慢性の炎症性自己免疫疾患である。この病気の特徴の1つは、自己の体の細胞を認識、攻撃する抗体が形成されることで、それによって腎疾患が起こることがある。

J Riveraたちは、エリテマトーデスのマウスモデルの血清中では、特定の型の自己抗体(IgE)が増加していることを発見した。このIgEは好塩基球を刺激し、これが腎臓を攻撃する自己抗体をさらに生産させる。Riveraたちは、好塩基球かIgEを枯渇させると自己抗体の形成が抑制され、マウスが腎障害を起こさなくなることを明らかにした。同様の結果がエリテマトーデス患者でも観察されており、IgEの増加や好塩基球の活性化が、エリテマトーデスや腎障害の重症度に関係する。

Basophils ― immune cells that are activated in allergy and parasitic infections ― contribute to the development of lupus, suggests a study published online in this week's Nature Medicine. The findings support future clinical trials aimed at blocking certain immune cells or antibodies as a therapy for patients with lupus.

Systemic lupus erythematosus is a chronic inflammatory autoimmune disorder. One of the hallmarks of the disease is the formation of antibodies that recognize and attack the body's own cells, leading in some cases to kidney disease.

Juan Rivera and colleagues found that a certain subset of self-reactive antibodies, IgE, is increased in the blood serum of a mouse model of lupus. The IgE stimulated basophils which supported further production of self-reactive antibodies that can attack the kidney. The scientists found that depletion of basophils or IgE reduced self-reactive antibody formation and protected mice from kidney damage. Similar observations were made in lupus patients, as increased IgE and activation of basophils are associated with the severity of disease and kidney damage.

doi: 10.1038/nm.2159

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度