Research press release

予防ワクチンで腫瘍を制御

Nature Medicine

Prophylactics could control tumours

α-ラクトアルブミン(ヒトの乳がんの大半で発現されているタンパク質)を標的とする予防ワクチンが、マウス乳腺の腫瘍の成長を防ぎ、抑制するのに役立つことが明らかになった。この発見は、正常組織への損傷を避けて、がん細胞だけを除去するのに役立つ可能性がある。

V Tuohyたちは、マウスのラクトアルブミンを特異的に標的とするワクチンを作製した。α-ラクトアルブミンは授乳中の乳腺でしか発現されないので、このワクチンは、ラクトアルブミンをもたない正常な乳房組織には害を及ぼさない。

今回の結果から、α-ラクトアルブミンのような分化特異的抗原に対する免疫を誘導するがん予防ワクチンが、乳がんを防ぎ、しかも健康な組織への副作用を避けられる実現可能な戦略になりうることが示唆される。

A prophylactic vaccine that targets alpha-lactalbumin ― a protein expressed in most human breast tumours ― helps control and prevent tumour growth in mice mammary glands. The findings, published online in this week's Nature Medicine, may help in eliminating cancer cells while avoiding damage to normal tissue.

Alpha-lactalbumin is only expressed in lactating mammary glands. Vincent Tuohy and colleagues formed a vaccine that targets this specific protein in mice, thus not harming normal mammary tissue that lacks the protein.

These results suggest that prophylactic tumour vaccines that induce immunity to differentiation-specific antigens ― such as alpha-lactalbumin ― might be a feasible strategy for preventing breast cancer while avoiding damage to healthy tissue.

doi: 10.1038/nm.2161

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度