Research press release

救助役のニューロトロフィン

Nature Medicine

Neurotrophins to the rescue

アルツハイマー病に関連した齧歯類モデルと霊長類モデルで、治療法になる可能性のあるものが見つかったとの報告が寄せられている。

BDNF(脳由来神経栄養因子)は長期記憶に重要な働きをすると考えられているタンパク質である。これまでの研究によって、脳内でのBDNFの減少とアルツハイマー病につながりがある可能性が明らかになっている。アルツハイマー病の特徴は、毒性タンパク質の蓄積、ニューロンの死、認知障害である。

これらの特徴すべてを兼ね備えた動物モデルはないが、M Tuszynskiたちは、BDNFがラットと霊長類の脳障害モデルでニューロンの死を阻害し、老齢のラットや霊長類では認知障害を抑えることを明らかにした。アルツハイマー病の遺伝的マウスモデルでは、発病後にBDNFを投与すると、認知機能が回復したが、毒性タンパク質の蓄積には変化がなかった。

これらの知見から示唆されるように、BDNFはアルツハイマー病の治療に利用したり、毒性タンパク質の形成と蓄積を防ぐ薬剤と併用できる可能性がある。

Scientists have identified a possible treatment in rodent and primate models linked to Alzheimer's disease, according to a paper online this week in Nature Medicine.

BDNF - brain derived neurotrophic factor - is a protein thought to be important in long term memory. Previous studies have shown possible links between reduced levels of this protein in the brain and Alzheimer's, which is characterized by accumulation of toxic proteins, neuron death, and cognitive dysfunction.

While no one animal model replicates all of these features, Mark Tuszynski and colleagues show that BDNF blocks neuron death in rat and primate brain lesion models, and cognitive dysfunction in aging rats and primates. In a genetic mouse model of Alzheimer's disease, BDNF administration after disease onset restored cognitive function without affecting toxic protein accumulation.

These findings suggest that BDNF could be used to treat Alzheimer's disease, or in combination with drugs that prevent toxic protein formation and aggregation.

doi: 10.1038/nm.1912

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度