Research press release

てんかんの免疫学

Nature Medicine

The immunology of epilepsy

免疫防御応答にかかわることが知られている情報経路の1つが、てんかんにも関係しているらしい。この発見は、新しい抗けいれん薬の開発に役立つ可能性がある。

脳の炎症はてんかんの重要な要因の1つだが、特定の炎症性分子がてんかんに与える影響については、完全には解明されていない。マウスの数種類のてんかんモデルを用いて、Annamaria Vezzaniたちは、HMGB1とよばれる分子がニューロンと神経膠から放出されることを発見した。このHMGB1が、病原体に対する免疫応答の主要な受容体の1つTLR4と結合して、発作を引き起こすこともわかった。

HMGB1とTLR4の作用を阻害すると、発作の頻度が減少することも判明した。TLR4をもたないマウスは、発作を引き起こすことが知られている誘引に対して、抵抗性を示した。また、患者のてんかん源となる組織でHMGB1とTLR4レベルが上昇していることから、この機構がヒトのてんかんでも関係している可能性が示唆される。この機構は、新しい抗けいれん薬開発の標的になるかもしれない。

A signaling pathway known for its role in immune defense responses is also involved in epilepsy, according to a report in this week's Nature Medicine. The discovery could potentially be useful in the development of new anti-convulsant agents.

Brain inflammation is a major factor in epilepsy, but the impact of specific inflammatory molecules on the disease is not fully understood. Using several models of epilepsy in mice, Annamaria Vezzani and her colleagues discovered that release of a molecule called HMGB1 from neurons and glia and its interaction with a receptor key for the immune response against pathogens ― TLR4 ― promoted seizures.

The researchers also found that blocking the action of HMGB1 and TLR4 decreased seizure frequency. Mice lacking TLR4 were also resistant to manipulations known to induce seizures. Last, increased levels of HMGB1 and TLR4 in epileptogenic tissue from patients pointed to the potential human relevance of this mechanism, which could be targeted to develop new anticonvulsant agents.

doi: 10.1038/nm.2127

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度