Research press release

半分眠っているだけ

Nature Medicine

Only half asleep

エイズウイルスは、抗レトロウイルス治療を受けている患者でも活発に複製し、免疫活性化を促進するとの報告が寄せられている。

高活性抗レトロウイルス療法(HAART)を行うと、エイズウイルス(HIV-1)が恒久的に抑制されるが、治療を中断するとHIV-1が再び複製を始める。一般にHAART治療中の患者ではウイルスの活発な複製は止まっていると考えられているが、免疫活性化と炎症は異常なレベルのまま持続し、ウイルスの複製が低レベルで続いていることを示唆している。

J Martinez-Picadoたちは、HAART治療中の患者でもHIV-1の活発な複製が持続しているのか、またそれが免疫活性化の原因となっているのかを調べた。抗レトロウイルス薬を追加投与する強化療法を行ってHIVの複製産物がゲノム中に組み込まれるのを防ぐという方法を用いたところ、HAART治療中の患者ではかなりの割合で、HIV-1の複製産物が特異的に一時的に増加しているのが検出された。

重要なのは、これらの患者では薬剤を追加する前は免疫活性化レベルが亢進しているが、強化療法後は正常に戻ることである。これらの結果が示すように、一部の患者では、抑制性HAART治療を行っているにもかかわらずHIV-1の活発な複製が持続し、免疫活性化を促している。この活発な複製を標的にした治療を強化すれば、HAART治療中の患者に残っているHIV-1リザーバーの破壊を促進できるかもしれない。

The AIDS virus actively replicates and drives immune activation even in patients on antiretroviral therapy, according to a report in this week's Nature Medicine.

Highly active antiretroviral therapy (HAART) results in durable suppression of the AIDS virus (HIV-1), but HIV-1 replication resumes if therapy is interrupted. Active viral replication is generally thought to stop in patients on HAART, though immune activation and inflammation continue at abnormal levels, suggesting continued, low-level viral replication.

Javier Martinez-Picado and his colleagues assessed whether active HIV-1 replication persists in patients on HAART and whether this is what drives immune activation. By intensifying treatment with an extra antiretroviral drug that prevents HIV replication products from integrating into the genome, the scientists were able to detect a specific and transient increase in HIV-1 replication products in a large percentage of patients on HAART.

Importantly, immune activation was higher in these subjects before the addition of the extra drug and was normalized after intensification. These results indicate that, despite suppressive HAART, active replication persists in some patients and drives immune activation. Intensification regimens that target this active replication may therefore accelerate the decay of the HIV-1 reservoirs that persist in HAART-treated patients.

doi: 10.1038/nm.2111

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度