Research press release

輸血を安全に

Nature Medicine

Making transfusion safer

輸血後の致命的な免疫応答を誘発する可能性のある分子が同定された。

輸血関連急性肺障害(TRALI)は、輸血後の死亡の原因になることが多い。TRALIは多くの場合、HNA-3aというタンパク質に対する抗体が血液成分中に存在するために引き起こされる。しかし、この抗体の正体については、これまで不明だった。

A Greinacherたちは、HNA-3aがコリン輸送体類似タンパク質-2遺伝子によってコードされていること、この分子の遺伝的変異によってHNA-3a特異的抗体との反応性が変化することを明らかにした。

抗原が分子レベルで同定されたことによって、供血者を調べてTRALIの危険性を軽減するためのスクリーニング検査の開発が容易になるだろう。

A molecule has been identified that can elicit a deadly immune response after blood transfusion, as reported in this week’s Nature Medicine.

Transfusion-related acute lung injury (TRALI) is a frequent cause of death after blood transfusion. TRALI is often caused by antibodies found in blood components that are directed against a protein, HNA-3a. The identity of these antibodies has so far remained unknown.

Andreas Greinacher and colleagues now show that HNA-3a is coded by the choline transporter-like protein-2 gene, and that genetic variants in this molecule change the reactivity of the protein with HNA-3a-specific antibodies.

The molecular identification of this antigen should facilitate the development of tests for blood donor screening to lower the risk of TRALI.

doi: 10.1038/nm.2070

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度