Research press release

パニックの神経化学

Nature Medicine

The neurochemistry of panic

オレキシンは、睡眠障害ナルコレプシーとの関連でよく知られている脳ペプチドだが、これがパニック障害の病態生理にもかかわっているとの報告が寄せられている。

パニック障害はパニック発作の繰り返しを特徴とする病気で、患者では脳の抑制が低下している証拠があり、また乳酸ナトリウムを静脈注射すると自律神経反応や呼吸反応が著しく高まることがわかっているため、これがパニック障害の一般的な検査となっている。ラットでは、DPHとよばれる脳領域が不安症状に似た状態にかかわっており、同様に乳酸ナトリウムの影響を受けやすい。

DPHには、覚醒や不眠にかかわるペプチド、オレキシンを含むニューロンが多数存在する。P Johnsonたちは、ラットでパニック不安にオレキシンが果たす役割を調べ、オレキシンニューロンの活性化がパニックを起こしやすい状態に結びつくことを発見した。視床下部のオレキシン遺伝子をRNA干渉で抑制したり、オレキシン受容体遮断薬を利用したりすることにより、パニック反応が起こらなくなった。

また、パニック不安をもつヒトは、パニック不安のない被験者に比べて脳脊髄液中のオレキシン量が増加していることもわかった。これらの結果は、オレキシン系がパニック障害の治療の新しい標的になる可能性があることを示している。

Orexin, a brain peptide best known for its link to the sleep disorder narcolepsy, participates in the pathophysiology of panic disorder, according to a report in this week’s Nature Medicine.

In people with panic disorder ― characterized by recurrent panic attacks ― there is evidence of decreased brain inhibition and marked increases in autonomic and respiratory responses after intravenous infusions of sodium lactate ― a common test for panic disorder. In rats, a brain region known as the DPH participates in anxiety-like states and is similarly vulnerable to sodium lactate.

The DPH has a large number of neurons that contain orexin ― a peptide involved in arousal and vigilance states. Philip Johnson and his colleagues therefore investigated the role of orexin in panic anxiety and found that activation of orexin neurons leads to a panic-prone state in rats. Silencing the hypothalamic orexin gene with RNA interference or with orexin-receptor blockers prevented the panic responses.

The team also found that humans with panic anxiety have elevated levels of orexin in the cerebrospinal fluid compared to subjects without panic anxiety. These results indicate that the orexin system may constitute a potential new target to treat panic disorder.

doi: 10.1038/nm.2075

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度