Research press release

細菌のスキンケア

Nature Medicine

Bacterial skin care

皮膚に常在する細菌が、皮膚の炎症を制御している可能性があるという。

皮膚の正常な細菌叢にはブドウ球菌属の菌類が含まれる。この菌が皮膚のある層の下に入ると炎症が起きるが、皮膚の表層にいるときには無害である。R Galloたちは、ブドウ球菌が皮膚の炎症を阻害する仕組みを発見した。ブドウ球菌が作り皮膚細胞に作用するLTAという分子の量が、この阻害を左右する。

皮膚細胞が炎症促進性分子を放出するには、病原体を感知するTLR3とよばれる受容体の活性化が必要だが、ブドウ球菌のLTAは、TLR2という別の病原体受容体に作用して、炎症促進性分子の放出を阻害する。今回の研究によって、皮膚の細菌叢が皮膚の特定の炎症応答を制御していることが、初めて明らかにされた。

A bacterium normally present in the skin can control cutaneous inflammation, a study in this week's Nature Medicine reports.

The normal bacterial flora of the skin includes staphylococcal species which are certain bacteria that induce inflammation when present below one of the layers of skin but are harmless on the surface layer. Richard Gallo and his coworkers found a mechanism by which staphylococci bacteria inhibit skin inflammation. This inhibition depends on the amount of LTA, a molecule produced by the staphylococci that acts on skin cells.

The authors discovered that skin cells require activation of a pathogen-sensing receptor called TLR3 to release proinflammatory molecules. Staphylococcal LTA inhibits this release acting through a second pathogen-sensing receptor: TLR2. This work is the first time that the skin flora is documented to regulate specific inflammatory responses in the skin.

doi: 10.1038/nm.2062

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度