Research press release

欠神発作に存在する阻害

Nature Medicine

Inhibition present in absences

てんかんの進展に、抑制性の活動が予想外の役割を果たしていることが明らかにされた。この研究によって示された新しい標的が、ある種のてんかん発作の治療に役立つ可能性がある。

脳のてんかん性活動は、抑制性活動が減少し、神経の興奮が亢進した結果起こると一般に考えられている。D Copeたちは、てんかん発作の一種の欠神発作にあたるマウスとラットの発作(通常は、動きが止まり、「宙を見つめる」のが特徴)で、実際には抑制性活動が増加していることを明らかにした。

抑制性活動の増加は、GABA(神経系の主要な抑制性神経伝達物質)の取り込みの減少によることがわかった。また、GABA受容体を選択的に活性化すると、それだけでマウスとラットの欠神発作が誘発されることも判明した。

これらの結果が示すように、ヒトのてんかんにも重要な意味をもつこれまで予想されていなかった機序があって、欠神発作の治療の新しい標的になる可能性がある。

An unexpected role of inhibitory activity in promoting epilepsy is reported in a study in this week's Nature Medicine. The work points to new potential targets for the treatment of certain types of seizures.

Epileptic activity in the brain is commonly believed to be the result of reduced inhibitory activity and increased neuronal excitation. David Cope and his colleagues show that inhibitory activity is actually increased in mouse and rat forms of epilepsy known as absence seizures ― usually characterized by a lack of movement and sufferers 'staring into space'.

The team found that the increased inhibition is due to a reduction in the uptake of GABA ― the main inhibitory neurotransmitter in the nervous system. The team also found that the selective activation of GABA receptors was sufficient to elicit absence seizures in mice and rats.

These results disclose an unexpected mechanism that may have importance in human epilepsy and point to novel potential targets for the treatment of absence seizures.

doi: 10.1038/nm.2058

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度