Research press release

高血圧のリズム

Nature Medicine

The rhythm of hypertension

高血圧の遺伝的危険因子が、明暗サイクルの制御のもとにあることが明らかになった。これが、概日リズムの乱れと心血管疾患とを結びつけている要因の可能性がある。

概日時計(さまざまな生物の数多くの生理的過程を支配している24時間の周期)の機能不良は、さまざまな病気に結びつくことがわかっている。この分子時計に不可欠な要素として、多くの遺伝子が同定されている。例えば、クリプトクロムとよばれる一対の分子をもたないマウスでは、概日リズムに異常が生じる。岡村均(京都大学)たちは、このクリプトクロム欠失マウスではアルドステロンレベルが異常に高くなり、そのために高血圧になることを明らかにした。

さらに、概日時計がHsd3b6という遺伝子を直接的に制御すること、この遺伝子の産物がアルドステロン生産経路の重要な要素であることも突き止められた。

岡村たちは、これらの知見をヒトに当てはめて考えるには、マウスのHsd3b6遺伝子と機能的に似ているヒトHSD3B1遺伝子について、さらに研究を進める必要があると述べている。

A genetic risk factor for hypertension is under the control of the light/dark cycle, according to a report online this week in Nature Medicine. This observation represents a potential link between disturbances of the circadian rhythm and cardiovascular disease.

Malfunction of the circadian clock ― the 24-hour cycle that governs a large number of physiological processes in many organisms ― has been linked to a variety of diseases. Many genes have been identified as being essential elements of this molecular clock. For example, mice lacking a pair of molecules known as cryptochromes have an abnormal circadian rhythm. Hitoshi Okamura and his colleagues now show that these same mice are hypertensive due to abnormally high levels of aldosterone ― a hormone that increases kidney uptake of sodium and potassium leading to an increase in water retention.

The team went on to identify that the circadian clock directly controls a gene known as Hsd3b6 and that the product of this gene is a key element in the aldosterone-production pathway.

The authors note that in order for the relevance of these findings to be applied to human, further study of the human HSD3B1 gene, which is functionally similar to the mouse gene, is needed.

doi: 10.1038/nm.2061

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度