Research press release

関節炎の広がり

Nature Medicine

Arthritis is spreading

関節から関節へと炎症が広がる仕組みが明らかになった。

関節リウマチは数カ所の関節から始まって、その後ほとんどの関節へと広がるが、この進行の原因となる経路はこれまで解明されていなかった。Elena Neumannたちは、滑膜繊維芽細胞(関節を浸している関節液中に存在する細胞で、関節炎患者の軟骨破壊にかかわっている)が、炎症を広める働きをするかを検証した。

マウスを用いて、はヒトの健全な軟骨と関節炎患者由来の滑膜繊維芽細胞を、反対側には繊維芽細胞は加えずに健全な軟骨を埋め込んだ。すると、滑膜繊維芽細胞は体の一方からもう一方へと血管を介して移動し、軟骨の顕著な破壊を引き起こした。

A mechanism that accounts for the spreading of arthritis between joints is presented in a study published online in this week's Nature Medicine.

Rheumatoid arthritis starts in a few joints but subsequently spreads to affect most joints, though the pathways that account for this progression were previously unknown. Elena Neumann and her colleagues tested whether synovial fibroblasts ― cells present in the fluid that bathes the joints and also implicated in cartilage destruction in arthritis patients ― could spread the disease.

Using mice, the scientists implanted healthy human cartilage plus synovial fibroblasts from arthritis patients into one side of their bodies, and healthy cartilage without the fibroblasts into the opposite side. Synovial fibroblasts actively moved from one side to the other via blood vessels, leading to marked cartilage destruction.

doi: 10.1038/nm.2050

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度