Research press release

エネルギーを使わずに、ダイエット

Nature Medicine

Losing weight without too much energy

食物摂取を制御することが知られている脳の視床下部でのインスリン情報伝達が肥満とどのようにかかわっているのか、その経路がマウスで明らかになった。この発見が、肥満の治療と減量の新しいモデルにつながる可能性がある。

体重の増加を抑えたいと悩む場合、1つの方法は食べる量を減らすことだが、食物摂取量が減少すると使われるエネルギーの量も自然に減り、これが一因となって、再び肥満に戻ってしまう結果になる。食物摂取とエネルギー消費の調節には、インスリンをはじめとするさまざまなホルモンが、重要な役割を果たしている。

インスリンは、視床下部ニューロンの転写因子FoxO1を介して、食物摂取を阻害することが知られている。D Acciliたちは、マウスの視床下部のFoxO1量を大幅に減少させると、エネルギー消費を減らすことなく食物摂取量を減らせることを発見した。また、視床下部のFoxO1の減少が、逆にCpeという酵素の局所濃度を増加させることも明らかにした。このCpeは、食物摂取の調節にかかわるほかの重要なホルモンの適切な成熟に必要な酵素である。Cpeを過剰に発現させる実験を別に行ったところ、Cpeがエネルギー消費を変化させずにマウスの体重増加を防ぐことが明らかになり、FoxO1とCpeの関係が確認された。

食物摂取とエネルギー消費を切り離すことで、肥満治療に新しい可能性が生まれる。

A pathway for how insulin signaling in the mouse hypothamalus ― a region of the brain known to control food intake ― is involved in obesity is presented in this week's Nature Medicine. The findings could lead to a new therapeutic model for obesity intervention and weight loss treatment.

In struggling with weight gain, one approach is to eat less food. However, reducing food intake leads to a natural decrease in the amount of energy used, and this consequently contributes to a relapse of obesity. Various hormones, such as insulin, play a key regulatory role in the process of food intake and energy expenditure.

Insulin is known to inhibit food intake through FoxO1, a transcription factor, in hypothalamic neurons. Domenico Accili and colleagues observed that by significantly reducing the amount of FoxO1 in the hypothalamus, mice would reduce their food intake without also decreasing their energy use. They also show that FoxO1 in the hypothalamus inversely impacts the local concentration of Cpe, an enzyme that is required for the proper maturation of key hormones that also regulate food intake. An independent experiment where Cpe was over-expressed showed that this enzyme protected mice from weight gain without changing energy use, confirming the relationship between FoxO1 and Cpe.

The separation of food intake from energy spending allows for new therapeutic possibilities in obesity.

doi: 10.1038/nm.2026

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度