Research press release

がんの治療を行いながら、生殖能力を保存する

Nature Medicine

Preserving fertility during cancer treatment

化学療法が女性の生殖能力に悪影響を与える仕組みと、よく知られた薬を使った方法でこの悪影響を防げる可能性があることが明らかになった。

がんの治療中の若い患者にみられる重大な副作用の1つが不妊で、生殖細胞の化学療法感受性が原因である。S Gonfloniたちは、広く使われる化学療法剤シスプラチンが、雌マウスの生殖細胞で細胞死を促進する情報伝達経路を活性化することを明らかにした。シスプラチンを投与すると、c-Ablとよばれる酵素を活性化し、最終的に生殖細胞の細胞死を引き起こす。このc-Ablに変異があると慢性骨髄性白血病の原因となるが、この病気は、グリーベックという名でよく知られる抗がん剤イマチニブによる治療の対象になる。

重要なことだが、イマチニブによる治療には、シスプラチンが引き起こす雌の生殖細胞の細胞死を抑える働きがあることが判明した。つまりイマチニブを用いれば、化学療法の際に生殖細胞を保護し、生殖能力を保存できる可能性がある。

A mechanism that accounts for the negative effects of chemotherapy on female fertility, and a potential way to prevent it with a well known drug, is reported online this week in Nature Medicine.

Infertility is a major side effect in young patients undergoing cancer treatment, owing to the sensitivity of germ cells to chemotherapy. Stefania Gonfloni and her colleagues report that cisplatin, a commonly used chemotherapeutic drug, activates a pro-cell death signaling pathway in female mouse germ cells. Cisplatin treatment ultimately induces germ-cell death by activating an enzyme known as c-Abl. When c-Abl is mutated, it causes chronic myeloid leukemia, which can be therapeutically targeted with imatinib, better known as Gleevec.

Crucially, the scientists also show that treatment with imatinib counteracts the cisplatin-induced cell death of the female germ cells. This raises the possibility of using imatinib to preserve germ cells and thus fertility during chemotherapy.

doi: 10.1038/nm.2033

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度