Research press release

小さな血管が、脳卒中では大きな問題

Nature Medicine

Small vessels are big problem in stroke

毛細血管(最も細い血管)が、脳卒中後数時間経っても詰まったままになり、脳の損傷を悪化させることがあるとの報告が寄せられている。この知見は、脳卒中の治療の新たな標的を見つけるのに役立つかもしれない。

T Dalkaraたちはマウスで研究を行い、脳卒中後に脳への血流が回復してから数時間経っても周皮細胞(毛細血管壁にある細胞)が収縮したままになり、赤血球の通過を妨げることを発見した。この作用は、毛細血管壁が生産する遊離基(フリーラジカル)に依存する。遊離基の発生を阻害すると周皮細胞の収縮が治まり、脳組織の生存率が改善される。

Capillaries ― the smallest of blood vessels ― can remain clogged hours after a stroke, worsening brain damage, reports a study in this week's Nature Medicine. The findings could help to identify a new target in the treatment of stroke.

Studying mice, Turgay Dalkara and his colleagues found that, after stroke, pericytes ― cells in the walls of capillaries ― remain contracted hours after blood flow to the brain is restored, obstructing the transit of red blood cells. This effect depends on the production of free radicals by the blood vessel wall; if production of free radicals is blocked, pericyte contraction is relieved, improving survival of the brain tissue.

doi: 10.1038/nm.2022

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度